« せっかく天気がよかったのに | トップページ | 野菜のチャウダー »

2006年6月30日 (金)

「ガラスの麒麟」 加納朋子 著

「ガラスの麒麟」

連作短編集みたいな感じかな。
でもひとつの殺人事件がテーマに話は進みます。
章ごとに語り手が変わりますが、
登場人物たちはちゃんとつながっているんです。
その辺りが加納さんらしいという感じですね。

いつものようにストーリーに引き込まれていったんですが、
どうもわたしには犯人の動機がわからないんです。
理解ができないというか、、、
ダンナにも読ませて意見を聞いてみよう。。

|

« せっかく天気がよかったのに | トップページ | 野菜のチャウダー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/2439659

この記事へのトラックバック一覧です: 「ガラスの麒麟」 加納朋子 著:

« せっかく天気がよかったのに | トップページ | 野菜のチャウダー »