« 「幻惑の死と使途―ILLUSION ACTS LIKE MAGIC」 森博嗣 著 | トップページ | 手羽先と里いもの煮物 »

2006年10月 5日 (木)

広島風お好み焼き「八昌」  -広島旅行記

日本酒をグビグビ飲んですっかりほろ酔いになって(笑)、
メインのお好み焼きを食べに行くことに。
これまた「るるぶ」に載っていた「八昌」に行ってきました。
061001_25 有名店のようで、小雨降る中みなさん並んでいました。
しばらく待って、ようやく私たちの順番が。
コの字型のカウンターに座って
私も旦那サマもそば肉玉787円を注文。
みなさんのほとんどがこれを食べていらっしゃるようでした。
061001_26
ついつい焼いているところをジ~っと見ちゃいますよね。

結構小麦粉多目のしっかりとした生地をオタマで鉄板に薄く広げます。
その上にキャベツをバサッ。
さらにモヤシ、豚ばら肉、天かす、かつお節を乗せ、山のようになったところで生地を上から少しかけます。
すんごい山盛りよ。それをアラヨっと軽くひっくり返します。
(見てるとホント簡単そうにひっくり返してるんですよ。きっとわたしにはできないけど。。)
そしてしばし待ちます。
061001_27
←わかります?
手前から向こうのほうへ行くほど薄くなっていますね。
ひっくり返してから押さえることなく、しばらく待っていると徐々に山が低くなり、薄くなっていくんですね。キャベツが自らの水分で蒸されて甘くなるんですって。
061001_28 この後そばが入り、半熟卵が乗り(青のりで見えないけど)、ソース、青のりがかかります。
食べてみてビックリ!キャベツがめっちゃ甘い!!!
生地がしっかりしてるのが良いんでしょうね?基本的には関西風のお好み焼きが好きなので、その辺は単なる好みなので受け流してもらって、このキャベツの甘さは体験しておくべきですね。玉子とソースの相性もヨシ◎。
おいしかったんだけど、結構なボリュームですよ。
日本酒&ツマミが効いてて最後かなり苦しく、食べきれませんでした。(>_<)
めっちゃお腹を空かせて行かないとダメでしたね。。

八昌
住所:広島県広島市中区薬研堀10-6  →地図
TEL:082-248-1776
営業時間:16:00~22:30
定休日:月曜、第1・3火曜

|

« 「幻惑の死と使途―ILLUSION ACTS LIKE MAGIC」 森博嗣 著 | トップページ | 手羽先と里いもの煮物 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/3688323

この記事へのトラックバック一覧です: 広島風お好み焼き「八昌」  -広島旅行記:

« 「幻惑の死と使途―ILLUSION ACTS LIKE MAGIC」 森博嗣 著 | トップページ | 手羽先と里いもの煮物 »