« うまうまイタリアン♪(*⌒▽⌒*) 「セッテ マーレ(sette mare)」にて | トップページ | 何回目の登場かしら? ロー・ハイド »

2006年12月 9日 (土)

「13階段」 高野和明 著

13階段」 高野和明 著

殺人の罪で死刑宣告を受けた樹原亮は事件前後の記憶がない。
独居房で“お迎え”を怯えながら過ごす日々だが、
冤罪の疑惑が持ち上がった。
刑務官の南郷、傷害致死の前科を負い仮釈放中の三上が
冤罪を晴らすべく調査に乗り出す。

最初、死刑がテーマということで
話が重いので読みにくいかなぁと思ったんですが、
すぐにスピードが上がりました。
南郷の過去、三上の過去を織り交ぜながら進み、
微妙に事件と絡み合い、最後はハラハラした展開でした。

読み応えのある内容でオススメです。

文庫OFF劇場でbunkoをチェックする!

|

« うまうまイタリアン♪(*⌒▽⌒*) 「セッテ マーレ(sette mare)」にて | トップページ | 何回目の登場かしら? ロー・ハイド »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/4481156

この記事へのトラックバック一覧です: 「13階段」 高野和明 著:

« うまうまイタリアン♪(*⌒▽⌒*) 「セッテ マーレ(sette mare)」にて | トップページ | 何回目の登場かしら? ロー・ハイド »