« マーブルチーズブラウニー | トップページ | 「おおきく振りかぶって」「ヒカルの碁」にハマる☆ »

2007年2月21日 (水)

「博士の愛した数式」 小川洋子 著

博士の愛した数式」 小川洋子 著

博士は80分しか記憶がもたない。
だから毎日“新しい家政婦”として出向く。
息子の存在を知った博士は連れてくるように言う。
博士は息子を‘ルート’と呼んだ。
ルートが加わった生活は楽しく穏やかなものだった。

ほのぼの温かく、そして切ないお話です。

|

« マーブルチーズブラウニー | トップページ | 「おおきく振りかぶって」「ヒカルの碁」にハマる☆ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/5411253

この記事へのトラックバック一覧です: 「博士の愛した数式」 小川洋子 著:

« マーブルチーズブラウニー | トップページ | 「おおきく振りかぶって」「ヒカルの碁」にハマる☆ »