« 和のおかず | トップページ | パクパクいけちゃう♪ひじきご飯 »

2007年9月 3日 (月)

「赤緑黒白」 森博嗣 著

赤緑黒白」 森博嗣 著

Vシリーズ第10弾!最終巻です。
紅子、林、七夏の三角関係は、いかに?!
保呂草さんの去就は?!?

マンションの駐車場で発見された死体は
真っ赤に塗装されていた。犯人の意図は??
保呂草は被害者の恋人と名乗る女性から
犯人を捕まえてくれと依頼される。
依頼を受けるかどうか、調査を始めたところで
今度は緑色の死体が!

めずらしく、いきなり事件が起きたところから
ストーリーが始まります。
今回は密室じゃないんですよね、これもめずらしい。
森博嗣氏のミステリに動機については
期待していないので(笑)さくっとスルーしますが、
気になるのは、次作への布石です。
最後に紅子さんが図書室で出会った少女のことです。
彼女は一体誰なのか?
二人の会話はよくわからないし、、、
早く「四季」を読まないと。。

|

« 和のおかず | トップページ | パクパクいけちゃう♪ひじきご飯 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/7791116

この記事へのトラックバック一覧です: 「赤緑黒白」 森博嗣 著:

« 和のおかず | トップページ | パクパクいけちゃう♪ひじきご飯 »