« くぅ~負け越しかぁ・・・ | トップページ | ひじきスパ »

2007年9月 7日 (金)

「四季 -春ー」 森博嗣 著

四季 -春ー」 森博嗣 著

4部作の1冊目。
真賀田四季の少女時代が描かれている。
彼女がまだ5,6歳のころ、叔父である新藤清二の病院で
起きた殺人事件をベースに話がすすむのだが、
そんなことは正直どうでもいい!
“僕”がよくわからないんですね~。
混在してる。最後のほうでなんとなくわかるけど、
境目がよくわからない。

それにもうひとつの疑問。
これはまったくわからない。
最後のほうで四季と瀬在丸紅子が図書室で遭遇するのだが、
これはVシリーズの最終巻「赤緑黒白」の最後のシーンとラップする。
だとすると、時系列?シリーズの繋がり?がおかしい。
Vシリーズ「捩れ屋敷の利鈍」で保呂草とS&Mシリーズの西之園萌絵が遭遇している。
S&Mシリーズに出てきた真賀田四季は大人だったはず。
作者のミスリード?わからん・・・。
この後、“冬”までに謎は解かれるんだろうか??

|

« くぅ~負け越しかぁ・・・ | トップページ | ひじきスパ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/7841418

この記事へのトラックバック一覧です: 「四季 -春ー」 森博嗣 著:

« くぅ~負け越しかぁ・・・ | トップページ | ひじきスパ »