« 「四季 -秋-」 森博嗣 著 | トップページ | 博多の旅 その8 お土産はやっぱり明太子 »

2007年10月12日 (金)

博多の旅 その7 旅先でバーに入る

二日目の夜、ご飯はまた屋台へ。
071007 「俵ちゃん」
おばちゃんが一人でやっている
屋台でちょっと他の店より
お値段が高めだったので
焼きラーメンと串焼き2本で
さっと出てきてしまいました。
ここの焼ラーメンは焼肉のタレが
ベースになっているようです。(たぶん;;)
好みは1日目に食べた「華」の焼ラーメンのが好きかなぁ。
おいしかったのはつくね!
大葉のみじん切りが入っていてとってもおいしかった。
ただ、勘定を間違えられたのがちょっとね・・・。

旅行先でバーを探して入るのが、
最近の旅行の楽しみの1つなんです。
神戸では行き付けのバーがあるので他には行きませんが、
旅先は1度限り。こういのもなかなか面白いです。
ふらりと入ったこともありますが、
今回はちゃんと下調べをしておきました。
一見さんで入ってぼったくられるのも怖いですもんね。

071007_2ニッカバー七島
中州のど真ん中、
1階にあるお店で場所は
わかりやすいですね。
窓もあるし、入りやすい雰囲気です。
中に入ってみるとシックで大人のバーといった感じ。
かなりいい雰囲気だし、
客層も年配の方が多かったので
これはお値段そうとう高い目か?と思って身構えたんですが、
ちゃんと値段の入ったメニューを出してくれたので
ひとまずホッとしました。
とはいえ、値段を見ると、カクテル1杯の値段は
大体1000~1200円くらい。
わたしがよく飲むジンのロックは800円を超えていたので、
うーん、高い!というのが感想です。
(わたしが神戸で行くバーは同じジンで500~600円くらいだもの)

とりあえず、1杯目のオーダーは
わたしは「ホワイトレディ」、旦那サマは「モスコミュール」。
二人とも初めての店ではまず最初に
自分の一番好きなカクテルを注文します。
お味はちょっと甘めですね。
ホワイトレディはオレンジのリキュールが強かった。
どれが正しいなんていうのは私にはわかりませんが、
私にはちょっと甘めだったな。辛口が好きなもので。
旦那サマのモスコミュールもジンジャーエールは
ウィルキンソンを使っているのが見えたけど、
マイルドな方だったのでこれもちょっと甘め。
わたしは2杯目も注文。
「スプモーニ」をオーダーしました。
これもカンパリが濃い目で結構甘い。
お店のカラーなのかな、カクテル全般甘めに仕上げてるのね。

お店の雰囲気はかなりわたし好みだったけど、
高そうだったのでチャージも結構取られるかなぁと心配してました。
と思ったら3千円代で納まったので
どうやらチャージはなかったようです。
歓楽街の一等地でこのお値段なら
安いほうなんだろうなぁと思い直してしまいました。

|

« 「四季 -秋-」 森博嗣 著 | トップページ | 博多の旅 その8 お土産はやっぱり明太子 »

おそとdeごはん&スイーツ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/8372926

この記事へのトラックバック一覧です: 博多の旅 その7 旅先でバーに入る:

« 「四季 -秋-」 森博嗣 著 | トップページ | 博多の旅 その8 お土産はやっぱり明太子 »