« 博多の旅 その6 福岡タワー | トップページ | 博多の旅 その7 旅先でバーに入る »

2007年10月12日 (金)

「四季 -秋-」 森博嗣 著

四季 -秋-」 森博嗣 著

妃真加島での事件のとき、
真賀田四季博士はメッセージを残していた。
4年たってそれに気がついた犀川と萌絵はイタリアへ!
なぜ四季はあの事件を起こしたのか。
天才の真意とは?!




ここからネタバレです。

今回は盛りだくさんでした。
人間関係・時系列など今までのギモンがかなり解消されました。
Vシリーズは「捩れの利鈍」だけ時代が違ったんですねー。
そういえば、Vシリーズで紅子さんの息子‘へっくん’は
ちゃんと名前が出ていなかったか・・・。

無理やり感がありすぎなんだけど、、
今回のシリーズで出てきた新たなギモン。
林警部は‘犀川’のはずなのに・・・?
「夏」で確かに遊園地で誘拐された四季が戻ってきたとき、
林は‘犀川’と名乗ったが。。。
さぁ、ここをどう解決する?!

|

« 博多の旅 その6 福岡タワー | トップページ | 博多の旅 その7 旅先でバーに入る »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/8349545

この記事へのトラックバック一覧です: 「四季 -秋-」 森博嗣 著:

« 博多の旅 その6 福岡タワー | トップページ | 博多の旅 その7 旅先でバーに入る »