« パシュミナストール当選 | トップページ | 「そして扉が閉ざされた」 岡嶋二人 著 »

2008年1月 9日 (水)

「探偵ガリレオ」 東野圭吾 著

探偵ガリレオ」 東野圭吾 著

本当はもっと前に読み終わっていたのだけど、
upするのを忘れていました。
テレビドラマ化されると聞いておもしろいのかなと思い、
図書館で予約して2ヶ月くらい待ったかしら。
さすが東野圭吾、さすがドラマ化になっただけはある。

ちなみに私はテレビシリーズは見てません。。

以下、ちょっとだけネタバレあります。

怪奇な事件が起こり、草薙刑事は友人である湯川に相談する。
湯川は科学に精通する大学の助教授である。
普通のミステリーという感じではなく、
事件の解明は湯川がなんなくあっさりとこなしてしまう。
事件の解明というか、怪奇現象の種明かしとも言おうか。。。
科学や物理が好きな人は楽しめるかもしれない。
プラズマとか超音波とかでてきます。
そっち系に強いわたしの旦那サマは
`オレわかった♪’と嬉々としていましたから・・・。
わたしは説明されても‘ふ~ん’くらいなものです(V_V)
湯川があっさり説明というあたりがミステリーとして物足りない。
キャラクターとしてもうーん、割と目新しい感じではないし。。
ライトな読み口なので気軽に読めるのはよかったかな。

|

« パシュミナストール当選 | トップページ | 「そして扉が閉ざされた」 岡嶋二人 著 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/9794055

この記事へのトラックバック一覧です: 「探偵ガリレオ」 東野圭吾 著:

« パシュミナストール当選 | トップページ | 「そして扉が閉ざされた」 岡嶋二人 著 »