« 肉じゃが&ゴーヤの塩ナムル | トップページ | 肉じゃがコロッケ »

2008年8月21日 (木)

「 少し変わった子あります 」 森博嗣 著

少し変わった子あります 」 森博嗣 著

最初の数ページを読んで面白そうと思って図書館から借りました。少し読み進めていくうちになんだかつかみ所のない話だなぁと思いました。

名前もない、場所も毎回違い、一緒に食事をする女性も毎回違い素性もわからない、そんな料亭のことを聞いたのは失踪した後輩荒木からだ。
行方不明になったと聞いた小山は彼の話していたことを思い出し、その店に行ってみることに。
確かに彼の言うとおりなんてことのない店なのだが、初めは興味本位?でもなぜかもう一度足を運んでしまう。



ここからネタバレです。ご注意ください。

森博嗣氏の話はオチがなかったり、解決しないなんてのは普通。
今回はオチはありますが、解決はしませんね。
わかってはいるけど、少々消化不良かな。

最後から2つ目の話は小山の話だったのか、磯辺の話だったのか。女将の言葉には‘先生’としかないので、どちらかははっきりわからない。。。・・・たぶん磯辺先生なのかな。
結局小山先生も失踪。
小山先生が女性を意識したから?うーん・・・。自ら?拉致された?うーん・・・。
失踪後、なぜ小山先生がこの店に通ったのかと思いながら磯辺先生がその店に行くのだけど、そうやって繋がっていくんだな・・・。

|

« 肉じゃが&ゴーヤの塩ナムル | トップページ | 肉じゃがコロッケ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/23128285

この記事へのトラックバック一覧です: 「 少し変わった子あります 」 森博嗣 著:

« 肉じゃが&ゴーヤの塩ナムル | トップページ | 肉じゃがコロッケ »