« またまた鯵の干物丼と久しぶりのキャベツのレモン蒸し | トップページ | 新登場!シナモンメルツ »

2008年9月19日 (金)

「スコーレNo.4」 宮下奈都 著

スコーレNo.4」   宮下奈都 著


ある少女が大人になるにつれ、ゆっくりと成長していく様をつづった話。
麻子が中学生のときから話は始まる。
麻子には1つ年下の七葉と、6つ年下の紗英の2人の妹がいる。
七葉は可愛らしく機転の利く子。
麻子は常に劣等感を持っていた。
この劣等感に悩まされた中学高校時代。
そこから離れたくて大学や就職は家を出た。
靴屋に配属された。
靴を愛せずにいた。愛するってどういうことだろう?
人を愛するって?
中学のときに好きになった木月くん、高校のときに好きになった慎・・・。
大学時代や就職してからは何人かと付き合った。
恋人といるといつも寂しかった麻子だが、ようやく満たされる相手にめぐりあう。
同時に昔のコンプレックスからも解き放たれる。
骨董屋の家で厳しく育てられたのは
素敵な大人の女性になるためだったんだと思える話。

きっと誰もが持っているだろう繊細な気持ちがとても上手に描写されていて
自分もそうだった、と感情が入っていきました。

|

« またまた鯵の干物丼と久しぶりのキャベツのレモン蒸し | トップページ | 新登場!シナモンメルツ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

面白そうですね。宮下さん?と言う人を知りませんでした。
心の描写が上手な小説って好きです。
機会があったら読んでみますね。

投稿: ユウ | 2008年9月20日 (土) 00時38分

>>ユウさん
こんにちは。
わたしも初めて読む作家さんでした。
最近読みたい本といえば図書館でも人気で
何十冊、何百冊と予約が入っていて
なかなか順番が回ってこないいんです。
わたしが今予約してるので一番古いのが
5月中旬に予約したのがまだ来ない・・・。
なのでamazonやyahooの本のレビューや、
書評をメインに書いてるブログとかを見て
適当にチョイスして借りてマス。

投稿: わいるどきゃっと☆ | 2008年9月20日 (土) 10時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/23849424

この記事へのトラックバック一覧です: 「スコーレNo.4」 宮下奈都 著 :

« またまた鯵の干物丼と久しぶりのキャベツのレモン蒸し | トップページ | 新登場!シナモンメルツ »