« グリーンカレーはうまし | トップページ | スバカマナでランチ »

2009年5月19日 (火)

「空飛ぶタイヤ」 池井戸潤 著

空飛ぶタイヤ」 池井戸潤 著

2009-11

いや~、読み応えがあって面白かった。
フィクションとしていますが、
実際にある某自動車会社が起こした
リコール隠しが原因の事故をモチーフにしています。

読めば「あぁアノ事故ね」と思い出すかもしれません。

<内容>
運送会社のトラックが運行中にタイヤが外れて母子に直撃し、
母親がなくなってしまう。
原因は運送会社の整備不良。
運送会社では整備はきちんとやっていたと
納得がいかないが、残された父親は運送会社を訴える。
得意先からは見放され、経営が悪化。
絶体絶命のピンチが続くが、
事故原因を鑑定した自動車会社が
トラックの部品の返却を拒否した。
その裏にあるのはリコール隠しか!?

自動車会社内の駆け引き、勢力争い、
プライド高き財閥体質などなど、
細かい描写が実に面白い!
自分のことしか考えてないオッサンたちに
読んでてイラッとするんですよ~。

ぱっとみ、かなりのボリュームに腰が引けるかもしれませんが、
絶対オススメです。

|

« グリーンカレーはうまし | トップページ | スバカマナでランチ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/29683757

この記事へのトラックバック一覧です: 「空飛ぶタイヤ」 池井戸潤 著:

« グリーンカレーはうまし | トップページ | スバカマナでランチ »