« ぬいぐるみ?! | トップページ | カニチャーハンとカボチャのコーンクリームグラタン »

2010年8月25日 (水)

「チッチと子」 石田衣良 著

チッチと子」 石田衣良 著

2010-25

よく考えたら石田衣良の作品って池袋ウエストゲートパークシリーズと、「波のうえの魔術師」くらいしか読んだことがなかったんです。
どちらも若い主人公で語り口も柔らかく感じましたが、
今回の「チッチと子」は40歳目前の万年初版作家が主人公。
落ち着いた感じがちょっと新鮮に感じました。
作家が描く作家ってことで直木賞の裏側はこんな感じなのか、と
さすがにリアリティを感じますね。

耕平は妻に先立たれて小学生の息子と2人でつつましく生活していたが、
ついに直本賞の候補となり注目を浴びる。
作家としても父親としても将来を不安に思っていた。
どうして妻は死んでしまったのだろうか。

なかなかうるっと来ます。


|

« ぬいぐるみ?! | トップページ | カニチャーハンとカボチャのコーンクリームグラタン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/36356318

この記事へのトラックバック一覧です: 「チッチと子」 石田衣良 著:

« ぬいぐるみ?! | トップページ | カニチャーハンとカボチャのコーンクリームグラタン »