« ぜんざい発祥の地  ~山陰の旅8 | トップページ | 秋刀魚の塩焼き »

2010年10月 1日 (金)

出雲そば&足立美術館  ~山陰の旅9

休憩で立ち寄った道の駅に足湯がありました。
10092502
道の駅 湯の川です。

10092501 10092503
長距離ドライブの休憩に足湯はいいですね~。
ただ、ここの足湯かなり熱いsweat01
足湯から足を出したら真っ赤でした。
赤い靴下を履いているよう。

お土産などをちょっと買い、ここから近いお蕎麦屋さんへお昼ご飯を食べに行くことに。
やっぱり出雲そばを食べなきゃね~。

下調べしておいたお店は「鶴華 波積屋」。
そば庄たまきがやっているお店です。
隣にそば道場やお土産屋もあります。

人気のお店のようで1時過ぎていたにもかかわらず
待っている人が。20分ほど待って入れました。

10092502_2 10092503_2

天ぷら割子そばを注文。
10092504 10092505
三段になった蕎麦の容器が特徴的。
普通はそばつゆにつけて食べますが、
出雲スタイルは蕎麦に直接薬味とそばつゆをかけて頂きます。
(写真に見えているのは天つゆです。そばつゆはお蕎麦の後ろに隠れてて見えないsweat01
薬味はネギ・もみじおろし・海苔・鰹節。
一枚目を食べ終えると残ったつゆを二枚目に流しかけます。
二枚目が終わったら三枚目へ。
これも変わってますよね。
おいしかった!喉越しのいいお蕎麦だったなぁ。
壁に「今日の蕎麦打ち担当」といって4,5人の写真と名前が貼ってありました。
ちゃんと手で打って手で切ってるんですね。


10092501_2

鶴華 波積屋
http://www.sobasho-tamaki.jp/
http://r.tabelog.com/shimane/A3202/A320202/32000071/ (食べログ)
島根県簸川郡斐川町大字沖洲1630

大きな地図で見る

昼食後は足立美術館へ。
ここは枯山水の庭がきれいで寄ってみたかったのですが、、
来て見てビックリ。
広大な駐車場があって観光バスが何台も来てます。
はっきり言って秋芳洞や水族館に比べて圧倒的な観光客の数の多さ!!
ご年配の方々がほとんどでわたし達くらいの人は全然いなかったなぁ。。。
まぁ確かにここは横山大観をはじめとする近代日本画を主に置いてある美術館で
わたしはそちらには全く興味がないからなぁ。。。
それにしても入館料2200円って高すぎやしないかい?

10092502_3
10092503_3 10092504_2
10092505_2 10092511_2
10092506 10092510_3

ものすごい手の込んだ庭ですよね。
この日は曇ってて空が真っ白ですが、庭は美しいです。
また紅葉の季節もきれいなんでしょうね~。

美術館内に枯山水を眺めながら休憩できる
喫茶室があるんですが、
ここの飲み物、1000円だったんですよ!
コーヒー1杯、1000円って!!
入館料も十分高いのに・・・。
わたしたちは当然喫茶室は入ってません。。。

10092507
”生の掛軸”
床の間をくりぬいて向こう側に枯山水の景色が見えます。
あたかも掛軸が掛かっているかのように。
・・・赤いジャージのおじさんが写ってしまってちょっと興ざめですなcoldsweats01
10092508


足立美術館
http://www.adachi-museum.or.jp/
島根県安来市古川町320
年中無休

大きな地図で見る

これで山陰旅行も終了。
行きは山陽道で行きましたが、帰りは米子自動車道、中国自動車道を通って帰りました。
いや~すでに日が落ちていたんですが、米子自動車道・中国自動車道は外灯も少なくて暗いですね。しかもトンネル・カーブ・アップダウンがすごくて実に走りにくい。かなり緊張して運転してたので肩が凝りました。。。

2泊3日で随分欲張りなコースになってしまいました。
もっと寄りたいところもあったんですが、時間が足りませんでしたね。
宍道湖周辺や松江の辺りとか特に。
アクアスにはバブルリングのショーを見にもう一度行きたいし。
今度は自転車を積んで行こうかな。
ってまだ腰が治んないんだけどsweat02

写真をwebアルバムに載せました。
よかったらご覧ください。
↓↓↓

100923-25山陰の旅

|

« ぜんざい発祥の地  ~山陰の旅8 | トップページ | 秋刀魚の塩焼き »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/37018737

この記事へのトラックバック一覧です: 出雲そば&足立美術館  ~山陰の旅9:

« ぜんざい発祥の地  ~山陰の旅8 | トップページ | 秋刀魚の塩焼き »