« 豆腐と豚肉の酸辣煮 | トップページ | ブルーチーズで »

2011年3月22日 (火)

「SP 革命編」見てきました。

野望編に続いてFINAL Episodeとなる革命編を見てきました。
野望編と負けないくらいのアクションで迫力がありました。


映画「SP」公式サイト
http://sp-movie.com/

さて、ここからネタバレありで感想を書きます。
これから映画を見られる方はご注意ください!!






















感想を書いてますので、これから見られる方はご注意くださいね。





堤真一演じる尾形たちの”革命”が実行され、
それを岡田准一演じる井上たちが阻止する。
尾形は麻田総理に自分の父親を殺させたことを認めさせたということで最終的には目的を果たしたことになって解決ということだけども、
100%スッキリ解決というわけじゃないのね。。。
まだ警察内にある大きな黒い影は闇の中。
映画的にはこれでOKなのかな。
尾形が井上の引き出しに入れていた手紙の内容もまるで出てこなかったしなー。
気になるところが多々あるままのThe END。ムズムズするわー。

|

« 豆腐と豚肉の酸辣煮 | トップページ | ブルーチーズで »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/39329626

この記事へのトラックバック一覧です: 「SP 革命編」見てきました。:

« 豆腐と豚肉の酸辣煮 | トップページ | ブルーチーズで »