« 今年も梅、漬けました。 | トップページ | 「児玉清の『あの作家に会いたい』」 児玉清 著 »

2011年6月 8日 (水)

postcrossing(send#6) アメリカへ

6通目はアメリカの女性。
ちょっと奮発してご当地フォルムカードを送ってみました。

ご当地フォルムカードってご存知でしょうか?
郵便局が各々の県の名産とか有名なものを象った定形外ハガキを販売しているんです。
第3弾まで出ているので各県3枚の絵柄が出ています。
例えば兵庫県は、コウノトリ、神戸の街(ポートタワーなど)、姫路城です。
わたしの実家のある愛知県は金鯱、天むす、織田信長。
その県でしか買えないので手に入れるには
そこに行くか、知り合いがいれば送ってもらうか、ですね。
収集癖がある人にはたまりませんって感じ!?
わたしは収集癖はないけど、かわいい絵柄はいいなぁと思います。
先日、京都に行ってきたので郵便局に寄って京都のご当地フォルムカードを買ってみました。
110607poscro_send61
じゃじゃーん、舞妓さんです。
これはなかなかかわいいですよね。
定形外なので国内なら120円分の切手を貼ります。
さて、アメリカに送る場合いくらか。
定形外のはがきを海外に送るのは高いとは聞いていたけど
実際いくらかな?と思って1回くらい出してみようと
窓口で聞いてみました。
260円分を貼ってくださいと。
国によって料金が違ってくるみたいですが
やっぱり結構しますねー。
ポスクロで定形外はがきを送るのは今回だけかな。笑
110607poscro_send62
切手は120円と140円の普通切手の組み合わせにしました。

ご当地フォルムカードは1枚180円です。

Postcards Exchange

|

« 今年も梅、漬けました。 | トップページ | 「児玉清の『あの作家に会いたい』」 児玉清 著 »

postcrossing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/40319149

この記事へのトラックバック一覧です: postcrossing(send#6) アメリカへ:

« 今年も梅、漬けました。 | トップページ | 「児玉清の『あの作家に会いたい』」 児玉清 著 »