« postcrossing(receive#22~24) カナダ、中国、ドイツから | トップページ | フランス旅行記④ ~モンサンミッシェルへ »

2011年7月24日 (日)

フランス旅行記③ ~ジャンヌダルクゆかりの地・ルーアン

モネの家を出て今度はルーアンへ向かいます。
ルーアンはジャンヌダルクが処刑された地として有名なんだそうです。

まずはお昼ご飯。
バスを降りて数分歩いてレストランに到着。
11071501

外観はこんなポップなお店だったんですが、
11071504
お店の中は結構シックでオシャレなお店でした。
11071502 11071503
前菜は2種類のハム。と、野菜の角切りを煮てある感じ?
ラタトゥイユのトマトの入ってないような感じ?!アッサリしてました。
おいしかったです。
そしてルーアン(パリから北西に100kmくらいかな)のある
ノルマンディ地方はりんごがよく取れるとのことで
シードルが有名なんだそう。
ぶどうを作るには寒いのね。
シードルは炭酸の入ったアップルジュースのような感じ。
もちろんお酒ですけど、とても飲みやすくて美味しかったです。
ハムが割りと塩気の強い味だったのでお酒が進むsweat01
白ワインも頂いちゃいました!
11071505
メインはそば粉のガレット。
ガレットというと4つ端か3つ端を折ってあるようなのを
想像してましたが巻くのもありなんですね。
チーズとハムが入っててこれもまたおいしかったです。
ウェイターのオニーサンが皿を片付けに来たとき
彼に言うつもりでもなくなにげなく
「おいしかった~」とつぶやいたら
ニコッとオニーサンが笑った!
オニーサン、おいしいって単語知ってたな?!

11071506
デザートはチョコレートムース。
上にブラックベリーが乗っていました。
これがメッチャメチャ甘くて、
半分も食べられずにノックアウト。
一緒のツアーの人もほとんどの人が
残していたんじゃないかな。それほどに甘かった。
フランス菓子は甘いというけれどこんなに甘くなくても!!と思った瞬間。笑

大きな地図で見る

レストランの場所はジャンヌダルク教会のすぐ近くでした。

さて、そのジャンヌダルク教会。
11071507 11071511
変わった形をした建物ですね。
11071510
ジャンヌダルクの像。

11071512 11071513
11071514 11071515
11071516_2
小さなマルシェもありましたよ。

教会の前は広場になっています。
11071509 11071508
カフェがたくさんあったりジャンヌダルク博物館というのもありました。

ここから歩いてノートルダム大聖堂へ向かいます。
ノートルダムとは聖母を指すとのことで
いろんな場所にノートルダムの名の付く教会があるんです。
パリのノートルダムも有名ですよね。
11071525 11071517
古い町並みです。
よく見ると1階より2階のほうがせり出しています。
これは昔、土地の広さで税金が決まっていたので
出来るだけ広く生活スペースを取ろうとしたらしいんです。
京都の間口の大きさで税金が・・・っていうのと同じ発想?!
そしてこんな古い町でも
11071526
マクドナルド!!
景観を損なわないように外観はそのままなんですね。
11071518_2 11071519
大時計。

11071520
これがルーアンのノートルダム大聖堂。
ドデカイ。壮観です。
モネが「ルーアン大聖堂」という連作を描いています。
今の
中にも入りました。
11071521 11071522
すごい建築よねぇ。
ステンドグラスにもジャンヌダルクが描かれていました。

ここでも少しだけフリータイムがもらえたので
11071523 11071524
ジェラートを食べたり雑貨屋さんをのぞいたり。
やっぱりここでもポストカードを購入。
110715

|

« postcrossing(receive#22~24) カナダ、中国、ドイツから | トップページ | フランス旅行記④ ~モンサンミッシェルへ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/40937076

この記事へのトラックバック一覧です: フランス旅行記③ ~ジャンヌダルクゆかりの地・ルーアン:

« postcrossing(receive#22~24) カナダ、中国、ドイツから | トップページ | フランス旅行記④ ~モンサンミッシェルへ »