« フランス旅行記⑯ ~パリ自由行動 凱旋門・セーヌ川クルーズ | トップページ | 「森崎書店の日々」 八木沢里志 著 »

2011年8月 3日 (水)

フランス旅行記⑰ ~パリ自由行動 絶品!鴨のコンフィ

夕食には時間があったので、またVelib'に乗ってガイドブックに載っていた雑貨屋さんに行ってみたり、カルフール(スーパー)で水を買ったりして、レストランに向かいます。

最寄り駅は10番線のヴァノー駅か
13番線のサン・フランソワ・グザヴィエ駅。

ガイドブックに載っていた店ではありますが、
高級店ではありません。
リーズナブルな家庭料理を出すビストロと紹介されていたこのお店。
150年の歴史のある老舗店と書いてありました。

Au Pied de Fouet (オ・ピエ・ドゥ・フエ)
http://www.aupieddefouet.com/

大きな地図で見る

ドキドキしながら店に入ります。
小さなお店ですが結構な盛況振りで通された席が
4人掛けの、母娘かなと思われる2人組が座っているテーブル。
ええっ、相席?!と思いましたが、
マダムが笑顔で「ボンソワ~」と言ってくれたので
ひとまずホッ。こちらも「ボンソワ~」と言って座りました。

他の席も見てみるとベンチタイプの長いすに
2人テーブルが全部くっついて6個並んでいて
全部お客さんで埋まってるんです。キュウキュウですよ。
団体さん?と思ったら全部別のお客さんみたい。
ベンチ側に座ってる人は出るときどうするのだろう?と思っていたら
テーブル1つをズズッと引いて動かして人が出入りしていました。
びっくり。


メニューは英語併記でした。よかった。
かといって全部分かるわけではないので少し辞書で調べつつ、
前菜・サラダのメニューから
レンズ豆のサラダというのが気になって注文しました。
レンズ豆、好きなんです。
旦那サマはfarm made pateというのを注文しようとしたら
終わってしまっていて結局サラダのアソートメント。
メインは一番食べたかったのは紹介されていた鴨のコンフィ!
旦那サマは本日の肉料理?!みたいなのを注文しました。

さて、サラダが運ばれてきました。
110718aupieddefouet01
レンズ豆のサラダです。
これが出てきたとき「あちゃ~やっちゃったか?!」と思ったんですよね。
まさかホントにそれだけしか乗ってないとは。
しかも見た目が見た目だけにね。
驚いたけど、食べてみて味はすごくおいしくてよかった!
その後、母娘の2人組が出てから違う2人組が座ったのだけど、
その2人が注文してたのがそれぞれ人参のサラダ、
インゲンのサラダ。
どちらもそれだけがモリッと乗っているサラダでした。
そういうものなのか、と理解。
日本だったらナントカのサラダと書いてあっても
レタスとトマトくらいは絶対乗ってるものね。
どうも感覚が違うらしい。おもしろい。

110718aupieddefouet02
サラダのアソートメントはちゃんと盛り合わせでした。
レンズ豆のサラダも乗ってました。
クスクスみたいなのもあってこれもまた美味しかった!!
日本人的にはこちらの何種類か乗ったのがよいですね。

さて、メイン。
110718aupieddefouet03
鴨のコンフィです。
皮がパリパリ!中はジューシー!
おいし~lovely
夢中で食べました。
ワインを注文しなかったことを後悔。
朝早くから出かけてかなり疲れていたので
お酒はやめようと思って注文しなかったのよ。
絶対ワインの進む味です!!

110718aupieddefouet04
旦那サマ注文のお肉料理。
牛肉のステーキですね。
これもおいしかったと言っていましたヨ。
わたしはレアはあまり好きでないので
一口もらっただけにしましたけどね。

夢中で鴨を食べていたら
最初にボンソワ~と挨拶してくれたマダムが帰り際に話しかけてきました。
「Paldon, madam・・・ excuse me?!」
最初にボンソワと挨拶してくれたけど、
食事中英語で会話してたのよね。
フランス人ではないようです。マダムたちも旅行だったのかな。
マダムも私と同じ鴨のコンフィを食べていました。
それで声を掛けてくれたようです。
「ここの鴨のコンフィ美味しいわよね?!今まで食べた中で私のベストよ」とおしゃっていました。
娘さんが食べてたガトーショコラも美味しかったと言っていたし。
デザートもお店で手作りしていました。
ちょうどわたしたちの席が厨房の近くで
焼き上がりの料理がバンバン出てくるところで
ケーキ類もすごくおいしそうだったんだけど、
もうお腹いっぱいで。

一応2階もある店なんですが、まぁ狭い店の中を
ホール担当の3人の女性がクルクルと動き回ってます。
私たちや最初に相席なったマダムたちは旅行者だったようですが、地元民に人気のお店のようでひっきりなしにお客さんが来るんです。
満席だと小さなカウンターで飲みながら待つんですね。
ワイン片手にちょっとつまみながらとか?!
小さなカウンターがあるって店はヨーロッパではよくあるんだそうです。(旦那サマ談)
わたし的には、なんかかっこい~って感じ!?
そういうと「いや、席が空くのを待ってるだけだから。笑」と。

110718aupieddefouet05
私たちがお店を出たとき、こんな感じ。
店の外でも待ってます。ワインを片手に。
そういえば日本人が途中1人だけで男性が入ってきましたが、
ワイン1杯とサラダだけで帰ってしまいました。
ガイドブックを持っていたので、こちらに住んでいる人ではないと思うんですが。
2人席6つ並んでいるところの真ん中に入れられていたので、圧倒されたかな?!真意は分かりませんが。笑


レンズ豆のサラダ 3€
サラダ盛り合わせ 3€
ビーフステーキ  10.9€
鴨のコンフィ   12.5€
水1/2     3.9€
計 33.3€

安いっっ。
この店は当たりでしたね。
こんな感じのお店、好きです。
安旨なビストロ、オススメです。

|

« フランス旅行記⑯ ~パリ自由行動 凱旋門・セーヌ川クルーズ | トップページ | 「森崎書店の日々」 八木沢里志 著 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/41055718

この記事へのトラックバック一覧です: フランス旅行記⑰ ~パリ自由行動 絶品!鴨のコンフィ:

« フランス旅行記⑯ ~パリ自由行動 凱旋門・セーヌ川クルーズ | トップページ | 「森崎書店の日々」 八木沢里志 著 »