« 「DIVE!!<下>」 森絵都 著 | トップページ | スクランブルエッグトースト »

2011年8月30日 (火)

「下町ロケット」 池井戸潤 著

下町ロケット」 池井戸潤 著

2011-33

7年前まで、佃航平は宇宙科学開発でロケット打ち上げのための研究をしていた。
ところが打ち上げ失敗。責任を負われ、退社。父親が亡くなったこともあり、佃製作所を継ぐことになった。

中小企業の社長となった航平は着実に業績を上げてはいるものの苦しい経営を続けていた。
そこに届いた訴状。特許侵害で訴えてきたのはナカシマ工業。
イチャモンをつけて法廷戦略で中小企業の開発した技術を自分のものにしていく卑劣なやり方をする大企業である。
しかしこの戦いが後に再びロケット開発に携わることになるきっかけになる。
モノ作りの技術では大企業には負けないという中小企業の意地がひしひしと感じられる夢のある話。
作者は元銀行員だけあって、融資云々の資金繰りのあたりはリアリティもあってよいですね。
面白くてあっという間に読んでしまいました。
直木賞受賞作です。
同作者で以前読んだ「空飛ぶタイヤ 」も面白かったです。
その時の記事はこちら


|

« 「DIVE!!<下>」 森絵都 著 | トップページ | スクランブルエッグトースト »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/41412577

この記事へのトラックバック一覧です: 「下町ロケット」 池井戸潤 著:

« 「DIVE!!<下>」 森絵都 著 | トップページ | スクランブルエッグトースト »