« 「我が家の問題」 奥田英朗 著 | トップページ | 切り干し大根とごぼうの炊き込みご飯 »

2012年2月22日 (水)

「柿のへた」 梶よう子 著

柿のへた」 梶よう子 著

2012-12

すっかり時代小説にハマッています。
まぁでも、時代小説といっても、捕物帳でも剣豪小説でもないので、
普通の小説で時代設定が江戸時代、みたいなものが多いですね、わたしが読むのは。
今回の「柿のへた」もそうです。

主人公は小石川御薬園に勤める同心、水上草介。
薬草を育て生薬を作るのが仕事である。
彼のところに相談事や揉め事が持ち込まれ、のんびり屋の彼らしく穏やかに解決していく。
連作短編集。


楽天↓

【送料無料】柿のへた

【送料無料】柿のへた
価格:1,680円(税込、送料別)



amazon↓

|

« 「我が家の問題」 奥田英朗 著 | トップページ | 切り干し大根とごぼうの炊き込みご飯 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/44219369

この記事へのトラックバック一覧です: 「柿のへた」 梶よう子 著:

« 「我が家の問題」 奥田英朗 著 | トップページ | 切り干し大根とごぼうの炊き込みご飯 »