« postcrossing(send#159~162) オランダ、アメリカ、ベルギー、タイへ | トップページ | 「柿のへた」 梶よう子 著 »

2012年2月22日 (水)

「我が家の問題」 奥田英朗 著

我が家の問題」 奥田英朗 著

2012-11

夫婦の問題をテーマにした短編集。
ライトな短編集なのであっという間に読めます。
1つ目の「甘い生活?」では高校卒業以来1人暮らしをしてきた夫は、結婚して仕事をやめ専業主婦になり完璧に家事をこなす妻に息苦しさを感じるようになった。
ウチの旦那サマも高校卒業以来1人暮らしだったのでちょっと自分の旦那サマに重ねてみたりして。
まっ、完璧に家事をこなす妻ってのが重ならないんですけどねっ。笑

ぜひ結婚している方に。



楽天↓

【送料無料】我が家の問題

【送料無料】我が家の問題
価格:1,470円(税込、送料別)





amazon↓


|

« postcrossing(send#159~162) オランダ、アメリカ、ベルギー、タイへ | トップページ | 「柿のへた」 梶よう子 著 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/44219133

この記事へのトラックバック一覧です: 「我が家の問題」 奥田英朗 著:

» 「我が家の問題」奥田英朗 [粋な提案]
平成の家族小説シリーズ第2弾! 完璧すぎる妻のおかげで帰宅拒否症になった夫。両親が離婚するらしいと気づいてしまった娘。里帰りのしきたりに戸惑う新婚夫婦。誰の家にもきっとある、ささやかだけれど悩ま...... [続きを読む]

受信: 2013年1月22日 (火) 12時00分

» 家庭に問題はつきものでして、 [笑う社会人の生活]
小説「我が家の問題」を読みました。 著者は 奥田 英郎 「家日和」に続く シリーズ第2弾 シリーズとはいえ、家族、家をテーマにした短編というくくりで 今回は題名通り、家庭での問題を取り上げていて! どれも ちょっとした、しかし本人には大きな問題 さて どうする...... [続きを読む]

受信: 2013年5月13日 (月) 17時31分

« postcrossing(send#159~162) オランダ、アメリカ、ベルギー、タイへ | トップページ | 「柿のへた」 梶よう子 著 »