« postcrossing(send#162~165) 台湾、ベラルーシ、ポーランド、オランダへ | トップページ | トマトスパゲッティ spaghetti with tomato sauce »

2012年3月 4日 (日)

ようやく解明、痛みの原因

事の始まりは2010年の6月くらい。
特に重いものを持ったということもないのですが、
なんとなく腰が痛いな・・・でした。
それがすぐに左のおしり、太もも、膝裏、ふくらはぎ、足首にも痛みが出るようになりました。
近所の小さな整形外科に行ってレントゲンを撮ってもらっても
ヘルニアなどの異常はなし。
2ヶ月ほど物理療法で腰の牽引をしに通いましたが、治る様子がなかったので
今度は整体(カイロプラクティック)に行ってみました。
梨状筋症候群でしょうと言われ、ここも4ヶ月通いましたが治らず。
次は大きい病院に行って再びレントゲン、無理を言ってMRIまで撮ってもらいましたが、異常なし。
今度は鍼治療に行ってみました。
今までの経緯を説明し、
ここでも筋疲労からくる坐骨神経痛だろうと言われました。
筋肉が原因の坐骨神経通だとMRIでは診断できないとのこと。
一番原因を疑われるのは大腰筋と梨状筋なのでそこから治療をしましょうとなりました。
時々ちょっと痛みが軽くなったかな!?ということはあったのですが、
痛みが消えてなくなるほどではなく、日によって痛みが強かったり弱かったり。
大腰筋と梨状筋の他に中臀筋や小臀筋など考えられる可能性の部位を
やってもらっていました。
これもしばらく通いました。うーん?これもダメなのか?と思ってはいても
じゃあ次に頼るところがありません。
整形外科、整体、鍼、、、次はどこに行けば?って感じです。
鍼に通い始めて、1年が過ぎ、どうしたもんだかと思っていたところ、
先日ためしてガッテンを偶然見たのです。
2月1日のOA分です。
この日の特集は股関節。
股関節が原因で腰や足に痛みが出るというもの。
症状が似ていたので可能性はあるかなと思いました。
もう一度整形外科に行ってみることにしました。
違う病院にしましたけどね。
再び今までの経緯を話すと、「坐骨神経痛」って言われたでしょう!?と。
やっぱりこの症状だと坐骨神経痛ってなるんですよね。
そこで「股関節が原因ということはないんでしょうか?」と聞いてみました。
先生はそんなに肯定的な感じではなかったのですが、
他の病院で腰のレントゲン・MRIを撮って異常はないと説明した後だからでしょう、
腰と、股関節のレントゲンも撮ってくれました。
すると結果はビンゴ。
「原因は股関節でした」と。
股関節はお椀状の骨盤にボール状の足の骨がはまっているのですが、
私はそのお椀が小さい(浅い)のだそうです。
それゆえに負担が掛かりやすく、軟骨がすり減って痛みが出ているそう。
お椀が小さいことの原因として赤ちゃんのころに股関節脱臼をやったかもと言われました。
股関節脱臼をしていると、お椀の発達がよくないということがあるそう。(臼蓋形成不全)
しかもお椀状の骨が外側に広がるように変形していている。(骨棘)
どうやら「変形性股関節症」というものらしいです。
原因は骨。鍼は効かないはずだ・・・。
先生曰く「言われなかったら僕も腰のレントゲンしか撮らなかったかも」と。
ただ、困ったことに今の状態で治療法はないのだそう。
痛くて歩けないくらいになったら、考えましょうとのこと。
今のところ何とか生活は出来てますしね。
もしかしたら将来、人工股関節にしないといけないかもしれませんが、
まだわかりませんね。
とにかく、太るのは厳禁だと言われました。
体重が増えると股関節に負担がかかるということだから。
適度に運動、ジョギング・ウォーキングなど体重がかかるものよりかは
水泳や自転車がいいみたい。

ふー、原因がわかったのはよかったけど、骨が原因じゃあ、、、複雑な気分です。

ガッテンで提唱していたのは”貧乏ゆすり”。
小刻みに股関節を動かすことで軟骨の生成を促す効果があるとのこと。
人前ではやりたくないけど、、、家でテレビ見ながらとかやってみようと思う。
最近テレビでグルコサミンのCMをよく見るけど、
あれは軟骨にいいんじゃなかったかしらとグルコサミン&コンドロイチンのサプリメントも買ってみました。
貧乏ゆすりにしろサプリメントにしろ、1日や2日で効果が出るものではないので、
気長に続けてみようと思います。
軟骨が増えて痛みが出なくなったらすごくラッキー、現状維持でもラッキーくらいの感じで。



|

« postcrossing(send#162~165) 台湾、ベラルーシ、ポーランド、オランダへ | トップページ | トマトスパゲッティ spaghetti with tomato sauce »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

とりあえず原因がわかって良かったですね。とはいえ、治療法が無いのは、今の所残念ですが。腰痛持ちの父も貧乏ゆすりしていました。騒がしくない?と言ったら、ガッテンでやってたんだからと。そうでしたか。
サメの軟骨とかどうでしょう?
叔母さんは、膝がガクット落っこちるというのか?軟骨がすり減っているのが原因らしいのですが、周りの筋肉を鍛える事により、少し改善しているそうです。無理なトレーニングは逆効果なので、お医者さんに聞いてみるといいですね。お大事にhappy01

投稿: ゆん | 2012年3月 4日 (日) 17時54分

>>ゆんさん
貧乏ゆすりは好きじゃないんですけどねー。
効果があるというならば!!です。
そうそう、コンドロイチンがサメ軟骨由来です。
程よい運動がよいのでしょうね。
筋力が落ちないように気をつけねば。
大病もなく生きてきて丈夫な健康体だと思ってたんですけど、、そうでもなかったのねbearing
これから更に年齢を重ねればまたいろいろ出てくるのでしょうけどね。

投稿: わいるどきゃっと☆ | 2012年3月 4日 (日) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/44355997

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく解明、痛みの原因:

« postcrossing(send#162~165) 台湾、ベラルーシ、ポーランド、オランダへ | トップページ | トマトスパゲッティ spaghetti with tomato sauce »