« 豚しゃぶ | トップページ | postcrossing(send#224~226) カナダ、ポーランド、ノルウェーへ »

2012年5月31日 (木)

「解錠師」 スティーヴ・ハミルトン 著、 越前敏弥 訳

解錠師」 スティーヴ・ハミルトン 著、 越前敏弥 訳

2012-37

8歳である事件がトラウマになり声が出せなくなったマイクル。
絵を描くことと鍵を開けることが彼の才能。
刑務所の中で金庫破りになった経緯を振り返るというスタイルで書かれています。
なかなか面白かったけど、やっぱり翻訳ものは読みにくいなぁ。

【送料無料】解錠師

【送料無料】解錠師
価格:1,890円(税込、送料別)


↓amazon



↓原文のまま読みたい方はこちら。

|

« 豚しゃぶ | トップページ | postcrossing(send#224~226) カナダ、ポーランド、ノルウェーへ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/45482079

この記事へのトラックバック一覧です: 「解錠師」 スティーヴ・ハミルトン 著、 越前敏弥 訳:

« 豚しゃぶ | トップページ | postcrossing(send#224~226) カナダ、ポーランド、ノルウェーへ »