« postcrossing(receive#235~237) 台湾、ベラルーシ、ウクライナから | トップページ | アイスコーヒー+バレンシアシロップ »

2012年7月14日 (土)

「のぼうの城」 和田竜 著

のぼうの城 」 和田竜 著

2012-46

”のぼう”とは”でくのぼう”の”のぼう”。
領民からもそう呼ばれ、面と向かって言われても怒りもしない。
体はでかいが不器用でぼーっとして何を考えているのかわからない。
そんな忍城の城代・成田長親が
攻めてきた石田三成に対し、戦うと宣言した。
元々降伏すると決めていたのにだ。
百姓たちは”のぼう様”のためならと兵として城に入ることを快諾。
人の心を掴む何かを持っているらしい。

【送料無料】のぼうの城(上) [ 和田竜 ]

【送料無料】のぼうの城(上) [ 和田竜 ]
価格:480円(税込、送料別)

【送料無料】のぼうの城(下) [ 和田竜 ]

【送料無料】のぼうの城(下) [ 和田竜 ]
価格:480円(税込、送料別)


↓amazon

|

« postcrossing(receive#235~237) 台湾、ベラルーシ、ウクライナから | トップページ | アイスコーヒー+バレンシアシロップ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

これ、娘が学校の図書館で借りてきてくれて読んだけど、中々面白いですよね。
TVドラマにしたら、結構視聴率取るのでは?

投稿: umeG | 2012年7月15日 (日) 19時01分

>>umeGさん
なかなか面白かったです。
わたしは歴史に詳しくないので
成田長親や忍城を知らなかったんですけどね。
もともと映画化を前提の小説のようで、
11月公開だそうです。
http://nobou-movie.jp/
見に行きたいナ。

投稿: わいるどきゃっと☆ | 2012年7月15日 (日) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/46326512

この記事へのトラックバック一覧です: 「のぼうの城」 和田竜 著:

« postcrossing(receive#235~237) 台湾、ベラルーシ、ウクライナから | トップページ | アイスコーヒー+バレンシアシロップ »