« お昼はお好み焼き | トップページ | postcrossing(send#325~327) ポーランド、、アメリカ、ベラルーシへ »

2012年12月17日 (月)

「はぶらし」 近藤史恵 著

はぶらし」 近藤史恵 著

2012-74

36歳独身女子1人暮らし(彼氏なし)。
そんな状況で10年も連絡取ってなかった友達から
夜中の0時過ぎに子供連れで”行くところがない、泊めて欲しい”と言われたら?
あなたはどれくらいまで受け入れられる?
”仕事を見つけるまで、1週間だけでいいから”と言われるが、
助けてあげたいとは思っても他人にできることには限界がある。
ではその限界の線引きはどこか?
1週間で仕事が見つからなかったら?
仕事が見つかるまでもう少しお願いと言われるだろう。
最初の約束だから、とちゃんと1週間で出ていってと言える?
切り捨てたら自分は冷たいだろうか?
しょっちゅう会ってる友達ならもっと積極的に親身になってあげられると思うが、
10年も連絡を取ってなかった友達というのがまた微妙。
そんなジレンマをうまく描いたお話です。
あっという間に読み終えました。


↓楽天ブックス

【送料無料】はぶらし [ 近藤史恵 ]

【送料無料】はぶらし [ 近藤史恵 ]
価格:1,575円(税込、送料別)

↓amazon

|

« お昼はお好み焼き | トップページ | postcrossing(send#325~327) ポーランド、、アメリカ、ベラルーシへ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

投稿: 藍色 | 2014年7月 8日 (火) 15時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/48352805

この記事へのトラックバック一覧です: 「はぶらし」 近藤史恵 著:

» 「はぶらし」近藤史恵 [粋な提案]
10年ぶりに会った友達を、どこまで助けたらいい?揺れる心が生み出した傑作ミステリー! 脚本家の鈴音は高校時代の友達・水絵と突然再会した。子連れの水絵は離婚して、リストラに遭ったことを打ち明け、1週間だけ泊めて欲しいと泣きつく。鈴音は戸惑いながらも受け入れた。だが、一緒に暮らし始めると、生活習慣の違いもあり、鈴音と水絵の関係が段々とギクシャクしてくる。マンションの鍵が壊されたり、鈴音が原因不...... [続きを読む]

受信: 2014年7月 8日 (火) 15時17分

« お昼はお好み焼き | トップページ | postcrossing(send#325~327) ポーランド、、アメリカ、ベラルーシへ »