« 「書店員あるある」 書店員あるある研究会 | トップページ | キムチ鍋 »

2013年3月 8日 (金)

沖縄の旅6~もういっちょ沖縄そば&読谷やちむんの里

水族館は人が多かったので外でお昼ごはんを食べることに。
結構さまよって結局また沖縄そばのお店に入りました。
そばの店がホント多いのね。

島豚家というお店です。
遅い時間だったのにほぼ満席に近かったです。
理由のひとつは注文してから時間がかかるということでしょう。
急いでいる人には向きません。
注文を受けてから麺を茹でるとのことで時間がかかると書いてありました。
結構太麺だしね。
素材にこだわったお店のようです。

130211
おいしかった!
でも前日に食べた”御殿山”とどちらがと聞かれたら
うーん、”御殿山”のが好みかな。
”初”沖縄そばだったということもあるかもしれないけどね。

島豚家
http://shimabutaya.com/
沖縄県国頭郡本部町字東500-4
定休日:木曜
(2013年4月1日より定休日を木曜日から金曜日に変更)


大きな地図で見る

昼食後、ホテル方面に戻り通り越して読谷やちむんの里へ寄りました。
焼物のことをやちむんと言うそうです。
やちむんの里はいくつかの工房があって
それぞれのギャラリーもあったりして器を買うことができます。
また、共同販売所もあります。


13021102
唯一のガラス工房の門にあったシーサー。
琉球ガラスってアメリカ軍基地で捨てられたコーラとかビールの空き瓶を使って作ったのが始まりなんですね。
工房の脇には大量のコーラの瓶が山になっていました。


13021101
登り窯がありました。

焼物ギャラリーではもちろんお茶碗とかお皿とか普通の食器のほか、
小さいのから大きいのまで様々なシーサーがいっぱいでしたヨ。
狛犬と一緒で口の開いたのと閉じたのが対なんですね。

ご飯茶碗で気に入ったのがあれば欲しいなと思ってたけど、
(結婚以来、ご飯は小鉢で食べているんで・・・^^; )
残念ながら好みのものがなかったです。
厚みのある焼物が多いんですねー。
お皿なら厚いのもいいかなと思ったんだけど、
ご飯茶碗ならもうちょと薄いのが好み。
陶器がお好きな人にはいいかもね。


読谷やちむんの里

大きな地図で見る





|

« 「書店員あるある」 書店員あるある研究会 | トップページ | キムチ鍋 »

おそとdeごはん&スイーツ2013」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/50655911

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄の旅6~もういっちょ沖縄そば&読谷やちむんの里:

« 「書店員あるある」 書店員あるある研究会 | トップページ | キムチ鍋 »