« postcrossing(send#366~368) ドイツ、中国、ドイツへ | トップページ | 「一鬼夜行 枯れずの鬼灯」 小松エメル 著 »

2013年5月28日 (火)

半田・新美南吉記念館

常滑の後、半田の新美南吉記念館へ寄ってみることへ。
半田は「ごんぎつね」で有名な新美南吉の出身地です。
「ごんぎつね」って絶対小学生くらいで誰しも一度は読んでますよね。
わたしは「手袋を買いに」も読んだ記憶があります。
どちらも教科書だったかな・・・?!

13042937 13042938
”童話の森”と名づけられて公園みたいになってるのですね。
細い小川が作ってあったり、狐のオブジェがあったり。

13042935
ごんぎつねがモチーフのステンドグラスがあったり。

13042936
ポストもありました。
「ごんぎつね ふるさとポスト」となっていますが、
まぁ?!普通のポストです。笑

13042941
記念館自体はとっても変わった形をしてますね!
建物が公園と一体化してるみたい。

13042940
反対側から見るとこんな感じ。

13042939
この奥が入り口です。

中は写真OKかわからなかったので撮りませんでしたが、
南吉の年表、原稿や日記、知人に宛てた手紙などが展示してありました。
童話だけじゃなく、とにかく書くことが好きなんだな~って印象を持ちました。
あと、字はヘタクソね。笑 (^^;

なかなか楽しめましたヨ。
思っていたよりお客さんも居ましたしね~。
今年は新美南吉生誕100周年なのでPRもたくさんしているようだし
盛り上がってるのかもしれませんね。

ちなみにこの近辺には南吉の生家や養家、お墓などもあります。
知多半田駅レンタサイクルもあるようです。

新美南吉記念館
http://www.nankichi.gr.jp/
愛知県半田市岩滑西町1-10-1   ※「岩滑」は「やなべ」と読みます。
0569-26-4888
観覧料210円
休館日 毎週月曜、毎月第2火曜日、年末年始
     ※ただし、月曜および第2火曜が祝日の場合は開館し、その翌日が休館。



より大きな地図で ネコのメシ処マップ を表示


そしてこの後の帰路の途中で旦那サマがコケたんですねー。orz
家まであと2~3キロってところで。(TT)

|

« postcrossing(send#366~368) ドイツ、中国、ドイツへ | トップページ | 「一鬼夜行 枯れずの鬼灯」 小松エメル 著 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/51810067

この記事へのトラックバック一覧です: 半田・新美南吉記念館:

« postcrossing(send#366~368) ドイツ、中国、ドイツへ | トップページ | 「一鬼夜行 枯れずの鬼灯」 小松エメル 著 »