« ゴータムのカレー | トップページ | postcrossing(send#387~389) ウクライナ、フィンランド、ドイツへ »

2013年7月 3日 (水)

「虚像の道化師」 東野圭吾 著

虚像の道化師」 東野圭吾 著

2013-46

ガリレオシリーズの第7弾。
短編集です。
今作が主に今回のドラマに使われたのですねー。
ドラマとの違いを楽しみつつ読みました。
原作のほうではやっぱり草薙刑事がメインなのね。
岸谷はドラマのためのオリジナルキャラクターとのことだったんだけど、
ちょっと今ひとつだったかなぁ。
どうも湯川先生が自ら事件に突っ込みすぎるというか、、、
随分と人間らしくなってしまって。
そういえば、ドラマ最終回は「聖女の救済」でしたが、
原作は読んでるはずなのに全然思い出せなかった。。。
読んだのは4年半くらい前か・・・うーん、あんまりインパクトのない話だったかしらん??

次は「禁断の魔術」か。いつ図書館の予約が回ってくるかな=)))

↓楽天ブックス

【送料無料】虚像の道化師 [ 東野圭吾 ]

【送料無料】虚像の道化師 [ 東野圭吾 ]
価格:1,418円(税込、送料込)


↓amazon

|

« ゴータムのカレー | トップページ | postcrossing(send#387~389) ウクライナ、フィンランド、ドイツへ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/52290675

この記事へのトラックバック一覧です: 「虚像の道化師」 東野圭吾 著:

« ゴータムのカレー | トップページ | postcrossing(send#387~389) ウクライナ、フィンランド、ドイツへ »