« 「『日本の神様』がよくわかる本」 戸部民夫 著 | トップページ | 京都の紅葉2013 ~豊国神社 »

2013年11月27日 (水)

京都の紅葉2013 ~泉湧寺

昼食後、泉湧寺(せんにゅうじ)へ。

泉湧寺は室町時代から幕末まで歴代天皇の葬儀が執り行われ
皇室とゆかりが深く”御寺(みてら)”との別称があるそうです。
13111628
総門。

13111629
地図を見てもらえば分かると思いますが、
総門をくぐってから結構長い!
13111630 13111631
大門。
大門で参拝料500円を支払います。

大門をくぐってすぐ左手に楊貴妃観音堂があります。
13111633 13111632
楊貴妃が観音さまになってる!
1230年、湛海が中国から持ち帰った像とのこと。
確かに美人です。
像の中に舎利が納められた小さな五輪塔が入っているそうな。
エックス線画像も置いてありました。


13111634
仏殿。

13111635
本坊、御座所。
こちらに入るのは特別拝観になるのでさらに300円必要です。

13111636 13111637

立派なお庭です~。
13111638_2
つくばいに菊紋があしらわれています。

御朱印もちゃんといただきました。
本坊の入り口でお願いして番号札をもらい、
帰りにもらう流れでした。
13111639_2

墨書き
右:奉拝 平成二十五年十一月十六日
中:霊明殿
左:みてら 泉湧寺


右:皇室香華院
中上:菊紋   中下:御寺泉湧寺印

香華院ってなんぞや?と思って調べたら
香華(こうげ)は仏前に供える香と花のことだそうで、
香華院は菩提寺のことなんですね。

それを調べてて知ったのですが、
楊貴妃観音、京都七福神、弥勒菩薩の御朱印もあるようです。
楊貴妃観音の御朱印は欲しかったなぁ。
また行く機会があれば次は必ず!


御寺 泉湧寺
京都市東山区泉涌寺山内町27
http://www.mitera.org/



大きな地図で見る

|

« 「『日本の神様』がよくわかる本」 戸部民夫 著 | トップページ | 京都の紅葉2013 ~豊国神社 »

御朱印」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/54071479

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の紅葉2013 ~泉湧寺:

« 「『日本の神様』がよくわかる本」 戸部民夫 著 | トップページ | 京都の紅葉2013 ~豊国神社 »