« だしの店 つみ木 | トップページ | 東部ラーメン食堂 一生懸麺 〈虎と龍> »

2014年2月27日 (木)

「ミステリなふたり a la carte」 太田忠司 著

ミステリなふたり a la carte」 太田忠司 著

2014-11

京堂夫妻のシリーズ第3弾です。
奥さんが刑事で、料理上手で家事全般をこなす優しい旦那さま。
その旦那さまは話を聞くだけで謎を解いてしまう完全に安楽椅子探偵。
作者が名古屋出身とのことで名古屋の地名がバンバン出てきます。
名東区本山(旦那サマが昔住んでたところだ!)とか、
御器所(”大雅”というおいしい定食屋さんがあったけどどうなったかな?←調べたら数年前に閉店したようです)とか、懐かしいわ!
サクサクッと読める短編集です。


↓楽天ブックス


↓amazon



|

« だしの店 つみ木 | トップページ | 東部ラーメン食堂 一生懸麺 〈虎と龍> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/55162278

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミステリなふたり a la carte」 太田忠司 著:

« だしの店 つみ木 | トップページ | 東部ラーメン食堂 一生懸麺 〈虎と龍> »