« 「とっぴんぱらりの風太郎」 万城目学 著 | トップページ | 「美雪晴れ -みをつくし料理帖」 高田郁 著 »

2014年2月19日 (水)

おこしもの

おこしもの
今年も実家の母が”おこしもの”を作ったので送ってくれました。
今回はちょっと早いですが、本来は桃の節句にお供えするものです。
子供の頃、雛飾りの前にお供えしてたのを覚えています。
愛知県、とくに三河地方かな、のローカルフードで、
米粉を熱湯で練って木型で成型、色づけし、蒸したものです。
実家では色をつけた生地を別で作り、小さく丸めたものを木型に入れてから
白い生地を乗せるという方法で作ってます。
白い生地だけで成型して、刷毛などで色をつけるというやり方もあるみたいです。

さっそく今日の朝食にしました。
フライパンで焼いて、砂糖醤油で味付けしました。
ちなみに形は鶏と魚です。分かりづらいですが(^^;



|

« 「とっぴんぱらりの風太郎」 万城目学 著 | トップページ | 「美雪晴れ -みをつくし料理帖」 高田郁 著 »

その他グルメ2014」カテゴリの記事

名古屋文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/55058252

この記事へのトラックバック一覧です: おこしもの:

« 「とっぴんぱらりの風太郎」 万城目学 著 | トップページ | 「美雪晴れ -みをつくし料理帖」 高田郁 著 »