« 岡崎のうどん屋さん、「香の兎」へ | トップページ | 年末年始の食事いろいろ »

2015年1月 8日 (木)

「龍眼 流浪 隠れ御庭番」 佐々木裕一 著

龍眼 流浪 隠れ御庭番」 佐々木裕一 著

2015-1

御庭番の伝兵衛は箱根の関所を越えようとして失敗。
山奥へ逃げ込んだはいいが、熊に襲われて記憶をなくした。
山村で助けられ爺さん扱いを受けていたが
村が山賊に襲われると体に染みこんでいた御庭番としての技術で救うことになる。
その活躍が幕閣まで伝わり命を狙われることになる。


面白かったけど、終わり方が突然というかこの先まだ続くのかなという途切れ方で
続編があるか調べたら、この作品が2作目だと気づきました。
龍眼 隠れ御庭番・老骨伝兵衛」というのがあるみたい。
知らずに2作目から読んじゃった。
さらに3作目に続くのかな~。


↓楽天ブックス



↓amazon

|

« 岡崎のうどん屋さん、「香の兎」へ | トップページ | 年末年始の食事いろいろ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/58516132

この記事へのトラックバック一覧です: 「龍眼 流浪 隠れ御庭番」 佐々木裕一 著:

« 岡崎のうどん屋さん、「香の兎」へ | トップページ | 年末年始の食事いろいろ »