« 白菜を使いきりたくて | トップページ | 「晴れた日は図書館へいこう ここから始まる物語」 緑川聖司 著 »

2015年4月 7日 (火)

「アンダルシア」 真保裕一 著

アンダルシア」 真保裕一 著

2015-19

外交官・黒田康作シリーズ第3弾です。
今度はスペインが舞台。
バルセロナ総領事館で夜遅く邦人女性からのSOSの電話を受けた。
アンゴラ国内でパスポートと財布をなくし立ち往生しているという。
アンゴラはスペインとフランスに挟まれた小さな国で日本の大使館はない。
パリの大使館が業務を兼ねているがバルセロナのほうが圧倒的に近い。
同僚たちのそこまでする必要はあるのか?という視線を浴びつつ、車で迎えにいくことした。


シリーズ3作全部あっという間に読んでしまった。



↓楽天ブックス




↓amazon

|

« 白菜を使いきりたくて | トップページ | 「晴れた日は図書館へいこう ここから始まる物語」 緑川聖司 著 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/59556504

この記事へのトラックバック一覧です: 「アンダルシア」 真保裕一 著:

« 白菜を使いきりたくて | トップページ | 「晴れた日は図書館へいこう ここから始まる物語」 緑川聖司 著 »