« チキン南蛮など | トップページ | 小田原から箱根湯本へ »

2015年5月15日 (金)

「私が愛したサムライの娘」 鳴神響一 著

私が愛したサムライの娘」 鳴神響一 著

2015-27

8代将軍吉宗の時世。尾張徳川家の宗春は吉宗の野望を危惧し、政権を取って代わろうとしていた。
その宗春の命を受けて忍びである雪野は出島の遊郭に潜入し、蘭館医師ヘンドリックに近づく。
恋愛、伊賀vs甲賀の戦い、その背景に吉宗vs宗春の戦いもあって中々読み応えがありました。
この話の中で一番斬新だったのが、吉宗に外征の野望があったという設定かな。




↓楽天ブックス




↓amazon

|

« チキン南蛮など | トップページ | 小田原から箱根湯本へ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/60007625

この記事へのトラックバック一覧です: 「私が愛したサムライの娘」 鳴神響一 著:

« チキン南蛮など | トップページ | 小田原から箱根湯本へ »