« ミョウガの混ぜ寿司など | トップページ | 今月はいっぱい発売です←わたしが読んでいるマンガ »

2015年6月11日 (木)

「迷子石」 梶よう子 著

迷子石」 梶よう子 著

2015-32

富山といえば薬売り。
その薬につけるおまけの絵を描いている羽坂孝之助の本業は、見習いではあるものの医師である。
父・六左衛門の訃報が届いた。国許から江戸への道中での出来事だったという。
江戸の藩邸でのほほんと過ごしていた孝之助だが、富山藩存亡の危機に巻き込まれることになる。
幕末の藩政をめぐる御家騒動をミステリー仕立てにした物語。

この御家騒動は実際にあった出来事のようです。歴史の勉強にもなって、とても面白かったです。



↓楽天ブックス




↓amazon

|

« ミョウガの混ぜ寿司など | トップページ | 今月はいっぱい発売です←わたしが読んでいるマンガ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/60329312

この記事へのトラックバック一覧です: 「迷子石」 梶よう子 著:

« ミョウガの混ぜ寿司など | トップページ | 今月はいっぱい発売です←わたしが読んでいるマンガ »