« 数年ぶりに出しました、アイスクリームメーカー | トップページ | ニラとイカのチヂミなど »

2015年8月 1日 (土)

「甘いもんでもおひとつ 藍千堂菓子噺」 田牧大和 著

甘いもんでもおひとつ 藍千堂菓子噺」 田牧大和 著

2015-37

藍千堂は晴太郎、幸次郎兄弟が営む和菓子屋である。
和菓子職人だった父の店「百瀬屋」は叔父が晴太郎を追い出して継いだ。
それだけでなく藍千堂への嫌がらせまでする。
父が亡くなるまで優しい叔父だったのになぜそこまで嫌うようになったのか。
美味しい和菓子と、兄弟と叔父との関係を描いた時代小説。



↓楽天ブックス




↓amazon

|

« 数年ぶりに出しました、アイスクリームメーカー | トップページ | ニラとイカのチヂミなど »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/60991336

この記事へのトラックバック一覧です: 「甘いもんでもおひとつ 藍千堂菓子噺」 田牧大和 著:

« 数年ぶりに出しました、アイスクリームメーカー | トップページ | ニラとイカのチヂミなど »