« 夏が終わってからの素麺 | トップページ | 初リンガーハット »

2015年10月 6日 (火)

「常在戦場」 火坂雅志 著

常在戦場」 火坂雅志 著

2015-50

家康の家臣を描いた短編集。
7編で鳥居元忠、井伊直虎、石川数正、大久保忠隣、阿茶の局、角倉了以、牧野忠成を描いています。
家康が主人公だと大きい戦の地名しか出てこないけど、家臣が主人公だともう少し細かい地名が出てきて面白い。
鳥居元忠が現在の岡崎市渡町の生まれとかね。
自分が生まれも育ちも西三河なのである程度分かるのでより興味深い。

そういえば単行本には家康家臣列伝とサブタイトルが付いていましたが、
よく考えると井伊直虎は家臣じゃないですよね。井伊直政の養母だけど。
あと、阿茶の局は側室、角倉了以は京都の豪商です。




↓楽天ブックス



↓amazon

|

« 夏が終わってからの素麺 | トップページ | 初リンガーハット »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/61924178

この記事へのトラックバック一覧です: 「常在戦場」 火坂雅志 著:

« 夏が終わってからの素麺 | トップページ | 初リンガーハット »