« おでん、いなり寿司、白菜とホタテのクリームスープ | トップページ | 肉じゃがコロッケ »

2015年12月15日 (火)

開創1200年の高野山に行ってきました~その5

壇上伽藍の次は金剛峰寺へ。
15110451 15110452_2

15110453 15110454

寺紋が”三つ巴”と”五三の桐”。2つもある?はて?と思っていたら
お寺の中に説明書きがありました。
三つ巴は丹生都比売神社の神紋。
空海が修禅の道場を開く際、丹生都比売神社の神領を譲られたという話があるんですね。
”五三の桐”は豊臣秀吉の母、大政所の菩提のために建立された寺院、青厳寺の紋。
明治に入ってから青厳寺と興山寺の二寺を合併して、現在のように総本山金剛峯寺と称するようになったんだそうです。(元来”金剛峯寺”は高野山全体を指す名称)



151104

【墨書き】
右:奉拝 高野山
中:<梵字> 遍照金剛(大日如来を意味する空海の灌頂名)
左:金剛峯寺

【印】
右:高野山
中:<梵字>
左:平成弐拾七年拾壱月四日 高野山金剛峯寺之印




この後、ガイドブックに載っていた麩善というお店で”笹巻あんぷ”を食べました。
15110455
生麩の中にこしあんが入っています。
つるんとした生麩がおいしいですね。
実は前日の宿坊での夕食のお膳にもこれより小さい1口サイズの生麩まんじゅうがありましたが、時間的な問題でしょうがここまでつるんとしてなかったので、お店で食べられてよかったです。


あとは、お土産に胡麻豆腐を購入。
この後、バスに乗って高野山駅のほうへ向かいました。
(他にも刈萱堂とか女人堂など他にも多少寄りましたが、写真は割愛)

主なみどころの壇上伽藍、総本山金剛峯寺、奥之院を回るだけなら
がんばれば1日あればギリなんとかなりそうだけど、
遠方からで高野山に着くのがお昼くらいってなると1泊は要りますね。


15110457 15110456 
買ってあった切符は特急券付きではなかったのでここで特急券を購入して「特急こうや」で帰りました。

|

« おでん、いなり寿司、白菜とホタテのクリームスープ | トップページ | 肉じゃがコロッケ »

その他グルメ2015」カテゴリの記事

御朱印」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/62979978

この記事へのトラックバック一覧です: 開創1200年の高野山に行ってきました~その5:

« おでん、いなり寿司、白菜とホタテのクリームスープ | トップページ | 肉じゃがコロッケ »