« postcrossing(send#810~812) ポーランド、ベラルーシ、ウクライナへ | トップページ | 肉じゃが 牛version »

2016年2月26日 (金)

「涅槃の雪」 西條奈加 著

涅槃の雪」 西條奈加 著

2016-8

遠山の金さんのモデルになった北町奉行の遠山景元に気に入られた吟味方与力の高安門佑。
その風貌から渾名は”鷹門”。
愛想はなく市井に通じているところが気に入られたらしい。
ある事件をきっかけに遠山に命じられて門佑は元女郎のお卯乃を屋敷に引き取る。
一方世間は老中水野忠邦と目付の鳥居耀蔵が天保の改革を推し進め、厳しい取締りに民衆は苦しくなる一方だった。そんな締め付けをどうにかしようと遠山と南町奉行の矢部定謙が対抗する。

鳥居耀蔵ってどこかで聞いたと思ったら上田秀人の闕所物奉行シリーズに出てきたわね。
実在の人物ですよ。
政事(天保の改革)と恋愛(お卯乃との行く末)がうまくミックスされていてとてもよかった。




↓楽天ブックス

涅槃の雪 [ 西條奈加 ]

涅槃の雪 [ 西條奈加 ]
価格:712円(税込、送料込)



↓amazon

|

« postcrossing(send#810~812) ポーランド、ベラルーシ、ウクライナへ | トップページ | 肉じゃが 牛version »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/64145178

この記事へのトラックバック一覧です: 「涅槃の雪」 西條奈加 著:

« postcrossing(send#810~812) ポーランド、ベラルーシ、ウクライナへ | トップページ | 肉じゃが 牛version »