« ガレットを食べに | トップページ | めずらしく煮魚とか »

2016年2月13日 (土)

「さよなら妖精」 米澤穂信 著

さよなら妖精」 米澤穂信 著

2016-5


高校生の守屋と太刀洗は偶然困っていそうに見えた外国人の女の子に声をかけた。
ユーゴスラビアから来たというマーヤは2ヶ月間、日本に逗留するという。
その間いろいろ案内することになった。
しばらくすると、マーヤの母国が緊迫した情勢にあるとニュースで知る。
心配する守屋たちだが出来ることはない。

1991年くらい、ユーゴスラビアの独立を巡る紛争・・・といわれても子供だったしほとんど覚えてないなぁ。。。
”日常の謎”を解きつつマーヤの出身の謎を解く。




↓楽天ブックス

さよなら妖精 [ 米澤穂信 ]

さよなら妖精 [ 米澤穂信 ]
価格:802円(税込、送料込)




↓amazon

|

« ガレットを食べに | トップページ | めずらしく煮魚とか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/63926609

この記事へのトラックバック一覧です: 「さよなら妖精」 米澤穂信 著:

« ガレットを食べに | トップページ | めずらしく煮魚とか »