« 肉じゃが 牛version | トップページ | キムチ鍋、オムライスとか »

2016年2月29日 (月)

「決戦!本能寺」 伊東潤、冲方丁、他5名 著

決戦!本能寺」 伊東潤、冲方丁、他5名 著

2016-9

決戦!シリーズ第3弾です。
本能寺の変を、
葉室麟が斎藤利三、
冲方丁が明智光秀、
伊東潤が織田信房、
宮本昌孝が徳川家康、
天野純希が島井宗室、
矢野隆が森乱丸、
木下昌輝が細川幽斎、を主人公にして描いた短編集。
私が一番よかったと思うのは冲方丁の明智光秀。
信長と光秀の関係が、「光圀伝」で描がかれた光圀と藤井紋太夫の関係をちょっと思いだしましたね。
なんか切なさを感じる。
宮本昌孝の徳川家康に関しては家康が主人公というよりかは酒井忠次が主人公かなっていう印象でした。
織田信房に関しては、読む前、信房って誰だっけ?思ってたんです。
聞きなじみがないなー、信長の兄弟だっけ?って感じ(^^;
読み始めて分かりました。
以前「霧の城」を読んだときに出てきた御坊丸か!
養子として岩村城に行った信長の子。
「霧の城」では主人公はおつやの方と秋山信友で
御坊丸については当然話にはあまり描かれてなくその後どうなったのか知らなかったのよね。
最終的に本能寺の時はここにいたのか!と今回で知りました。

既に次回作が決まってます。次は川中島!
5月に発売予定だそうです。
誰が主人公で出てくるかな~。
上杉謙信、武田信玄は当然として、、うーん、わたしが知ってるのは山本勘助、山県昌景、くらい?!
真田は・・・幸村は産まれてもいないし昌幸でもちょっと若いから幸隆の時代くらい?!
あとは上杉方の武将はさっぱり知らないんだよね。
直江兼続、、は川中島に参戦してるには若すぎるか?
そんな予想をしつつ、次回作を楽しみに待ってます。





↓楽天ブックス

決戦!本能寺

決戦!本能寺
著者:伊東潤
価格:1,728円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓amazon

|

« 肉じゃが 牛version | トップページ | キムチ鍋、オムライスとか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/64204473

この記事へのトラックバック一覧です: 「決戦!本能寺」 伊東潤、冲方丁、他5名 著:

« 肉じゃが 牛version | トップページ | キムチ鍋、オムライスとか »