« 中華丼とか、蒸し鶏とか | トップページ | postcrossing(send#819~821) アメリカ、韓国、ポーランドへ »

2016年3月23日 (水)

「ヒトリコ」 額賀澪 著

ヒトリコ」 額賀澪 著

2016-12

深作日都子は小学5年生の時、金魚の死をきっかけにいじめを受け始めた。
生き物係だった日都子が金魚を殺したのではないかと疑われたのだ。
先生は決め付けてヒステリックに怒り、援護してくれるはずの友達は裏切った。
そこから日都子は”ヒトリコ”になった。

小学生から高校生になるまでの思春期に友達を作らずに過ごすってなかなかできることじゃないんだけどね。
日都子だけでなく、いじめてる側の子も含む周りの友達目線でも描かれていて、それぞれの心情が読んでいてどうにも青苦い。誰にでも起こりうる状況にぐっとくるものがありました。



↓楽天ブックス

ヒトリコ [ 額賀澪 ]

ヒトリコ [ 額賀澪 ]
価格:1,296円(税込、送料込)



↓amazon

|

« 中華丼とか、蒸し鶏とか | トップページ | postcrossing(send#819~821) アメリカ、韓国、ポーランドへ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/64598734

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヒトリコ」 額賀澪 著:

« 中華丼とか、蒸し鶏とか | トップページ | postcrossing(send#819~821) アメリカ、韓国、ポーランドへ »