« 鯵フライ! | トップページ | postcrossing(receive#803~805) ロシア、ブラジル、中国から »

2016年5月22日 (日)

「傀儡に非ず」 上田秀人 著

傀儡に非ず」 上田秀人 著

2016-20

主人公は荒木村重。ちょっとめずらしいかな。
村重の拠点が摂津なので畿内を軸に話が進みます。
三好三人衆と松永久秀が結託したり裏切ったり、まーごちゃごちゃしてる。笑
そもそも私があんまり三好三人衆を分かってないせいかしらね。三好長慶の名前は知ってるけど。。
あと、信長が主人公の話だと、畿内の小名まではなかなか名前が出てこないので
知らない武将の名前も結構出てきたかな。
村重の主だった池田氏も私は知らなかったので(^^;

荒木村重といえば謀反人のイメージが強いですが、主人公が変わればそこのイメージも違ってきますね。

本能寺の変の謎のまた新しい説(?)ですかね。
ネタバレになるので書きませんが、そういう”裏”があって光秀は謀反を起こしたのか!という風に話が創ってあります。



↓楽天ブックス

傀儡に非ず [ 上田秀人 ]
価格:1836円(税込、送料無料)




↓amazon

|

« 鯵フライ! | トップページ | postcrossing(receive#803~805) ロシア、ブラジル、中国から »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/65624765

この記事へのトラックバック一覧です: 「傀儡に非ず」 上田秀人 著:

« 鯵フライ! | トップページ | postcrossing(receive#803~805) ロシア、ブラジル、中国から »