« ペンネとか、切り干し大根とか | トップページ | アジアン鶏飯 »

2016年5月16日 (月)

GW、千代保稲荷へ

GW、長野で夜御飯を食べた後、愛知県の実家へ。
そして翌日も天気良好ということで、お出かけしてきました。
自転車を積んで木曽三川付近へ。最終目的地は千代保稲荷です。
私は割りと最近知ったんですけど、地元じゃ有名みたいです?!
読み方は”ちよぼいなり”ですが、”おちょぼいなり”とか”おちょぼさん”が通称のようです。

木曽三川公園カルチャービレッジをスタート。輪中の郷と隣接している公園です。
16050301



16050302
長良川と木曽川の間、細い中洲?といったらいいんですかね。
ここを旦那サマが走ってみたいと言っていたんですねー。
写真左が長良川、右が木曽川です。
一級河川に挟まれて走るなんてまぁ滅多にないですよね。
しかも木曽三川公園東海広場のちょっと北くらいから10キロくらい
自動車は進入禁止の道なんです。車を気にしなくていいのも気がラク。



16050303
県道8号線です。東海大橋ですね。
交差するこの道は橋の下をくぐれるようになってました。

長良川と木曽川がちょっと離れるところまで来たら
長良川沿いに進みます。
県道1号まで来たら西へ左折、長良川を渡って千代保稲荷へ。

16050304
着きましたー。
車がいっぱいです。

16050305  16050306_3
門前町はすごい人です。100軒以上
GWとはいえ、お祭りというわけじゃないのにこの人出?すごい活気がある!
こんなに人気スポットだったとは!

16050307
入口付近で蝋燭と油揚げを購入して(セットで50円)境内に向かいます。

16050312 16050309
お参りするにも並んじゃうくらいの人がいっぱい。
そもそもそんなに大きい神社じゃないのね。

16050311 
稲荷神社ですので狐さんがいます。

16050310
御札、御守は出してないとのこと。
オフィシャルHPがないようなので、wikiで確認したら
平安時代、源八幡太郎義家の六男の義隆が分家する際、森の姓をもらいうけ、義家より「先祖の御霊を千代に保て」と祖神と共に宝剣と義家の肖像画を受け賜わったのが始まりと伝えられる。千代保稲荷神社の名も、この言葉からきている。
「先祖の御霊を千代に保て」という教えより、現在でも境内ではお札やお守り等は一切出していない。

とのこと。
御朱印もないんですね。下調べしてなかったので知りませんでした。
一応御朱印帳を持っていってたんですけどね。



お参りを済ませたら門前町で楽しみます!
16050313
串かつのお店、多かったですね。座りたかったので店内で食べました。
久しぶりに串かつ食べたわ~。うま~。

16050314
草餅です。
お餅柔らかいっ。

名物は他にもナマズ料理とか、モロコの佃煮があるようでした。
川魚はちょっと苦手なんでスルーしましたけど(^^;

門前町は飲食店も多いですが、多種多様です。
服や雑貨を売っていたり、野菜や花、植物を売っている店もあったり。
面白いですね!楽しめました。


実はこの日途中で、トラブル発生。
サングラスのフレームがポキッっと折れてしまいまして。
行きはなんとか繋がってたんですが、着いたときに完全に離れてしまいました。
16050315
エレッセのサングラスです。
度入りのインナーグラスを使っているので、無いとちょっと不安。
そんなに視力が悪いわけではないんですけど、免許証は裸眼だし。
ただそこから少し悪くなっている実感はあるし、自転車とは言えロードバイクは、時速30キロ40キロ普通に出ちゃうので、自動車とロードバイクの時は必ずメガネをかけているんです。
しかもこの日、かなりの強風。度入りレンズ関係なくサングラスは欲しいところ。
しかたなく、テープで留めました。
買い物して商品が入ってた袋を止めてあった
”ありがとうございます”の文字とコアラの絵が入ってるヤツ。
恥ずかし~。笑
帰ってからソッコーでポチりました。同じメーカのインナーグラスがそのまま使えるやつを。

そんなこんなで帰り道。
行きは追い風だったんですよ。
普段の私の脚力じゃ考えられないほど、いいペースで走れてゴキゲンでした。
でお帰りは当然向かい風。ぜんっぜん進まない=))
予報では風速7~8m/sだったかなー。
体感はそれ以上にあったような気も。。。
おかげで帰りにかかった時間、1.5倍。
疲れた・・・orz

この日の走行距離は45キロでした。


|

« ペンネとか、切り干し大根とか | トップページ | アジアン鶏飯 »

おそとdeごはん&スイーツ2016」カテゴリの記事

その他グルメ2016」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/65516273

この記事へのトラックバック一覧です: GW、千代保稲荷へ:

« ペンネとか、切り干し大根とか | トップページ | アジアン鶏飯 »