« postcrossing(receive#824~826) チリ、アメリカ、ドイツから | トップページ | postcrossing(send#864~866) ウクライナ、ロシア、マレーシアへ »

2016年7月13日 (水)

「カエルの楽園」 百田尚樹 著

カエルの楽園」 百田尚樹 著

2016-28

アマガエルのソクラテスが主人公。安住の地を求めて旅をし、楽園”ナパージュ”に辿り着くが・・・。
つまり、ナパージュは日本で、自国が危険にさらされているのに、何もしないのか?ということが言いたいのかな。
”寓話的「警世の書」”とamazonの本の内容紹介に書いてありましたが、ほのめかしているという感じではなく、かなり直接的に書いてると思います。



↓楽天ブックス

カエルの楽園 [ 百田尚樹 ]
価格:1404円(税込、送料無料)




↓amazon

|

« postcrossing(receive#824~826) チリ、アメリカ、ドイツから | トップページ | postcrossing(send#864~866) ウクライナ、ロシア、マレーシアへ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/66485554

この記事へのトラックバック一覧です: 「カエルの楽園」 百田尚樹 著:

« postcrossing(receive#824~826) チリ、アメリカ、ドイツから | トップページ | postcrossing(send#864~866) ウクライナ、ロシア、マレーシアへ »