« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月27日 (月)

鉄火丼とか、ゴボウの漬け物とか

鉄火丼とか、ゴボウの漬け物とか
鉄火丼、ニラもやし炒め、味噌汁。
お刺身を買ったの、いつぶりだろう・・・。



鉄火丼とか、ゴボウの漬け物とか
麻婆豆腐、とろろワカメ、納豆、味噌汁、ご飯。




鉄火丼とか、ゴボウの漬け物とか
鮭、もやし・ピーマン・厚揚げの卵とじ、カリフラワーのスープ、ゴボウの漬物、ご飯、リンゴ。
ゴボウの漬物は今月初旬に京都へ行った時のお土産。


鉄火丼とか、ゴボウの漬け物とか 
川勝總本家の西京みそごぼう。
ご飯にも合うし、お茶請けとしてもサイコー。
緑茶と漬物と交互に食べたら半永久運動。笑
1週間くらいでちょっとずつ食べようと思っていたのに、
一度に食卓に出したらダメね、3日ももたずに無くなりそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国料理Mokcha&老祥記の豚まん

韓国料理Mokcha&老祥記の豚まん
先週末のお話。
自転車で垂水までお出かけ。
ランチは海神社のすぐ横の韓国料理のお店に入ってみました。
旦那サマは豆腐チゲ定食(写真上)、私はキムチチゲ定食(写真下)を注文。
豆腐チゲの方にはアサリが入っていて、生卵が付いていました。
サラダ、キムチ、ナムル、韓国海苔がついてました。
美味しい!
小さいお店でしたが人気のようで、絶えずお客さんが入ってきます。
女性の一人客も多いですね。
また行きたい!



韓国料理Mokcha&老祥記の豚まん

関連ランキング:韓国料理 | 垂水駅山陽垂水駅東垂水駅







その帰り、元町の南京町に寄って、めちゃめちゃ久しぶりに老祥記の豚まんを食べました。
韓国料理Mokcha&老祥記の豚まん  
うまーーーーー!
豚の脂がーーーーー!





関連ランキング:肉まん・中華まん | 元町駅(阪神)元町駅(JR)旧居留地・大丸前駅 


おそとdeごはん&スイーツ ジャンル別目次はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月26日 (日)

「水鏡推理5 ニュークリアフュージョン」 松岡圭祐 著

水鏡推理5 ニュークリアフュージョン」 松岡圭祐 著

2017-11

瑞希は”研究における不正行為・研究費の不正使用に関するタスクフォース”から
”研究公正推進室”へと異動となった。
一応栄転と言ってもいいだろう。
そんな折、見知らぬ番号からメッセージが届いた。
会いに行ってみるとキョウカという女性が自分は”不妊バクテリア”に感染しているという。
助けてほしいと懇願されるが、病衣から脱走してきたらしく、看護師らに連れ戻されていった。
今回は新しい部署で女性官僚と核融合研究の検証に取り組む。
ニュークリアフュージョンが核融合という意味です。
綴りは nuclear fusion です。
SOTAというスーパーコンピュータを使った技術検証システムが鍵。

核融合に関しては瑞希以上にちんぷんかんぷんなのでサクッと流しますが、今回もとても面白かったですねー。
裏切りに合い、人間不信になっていく瑞希。誰を信じたらいいのか。

ちなみに第6弾(水鏡推理6 クロノスタシス)ももう発売されています。





↓楽天ブックス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

水鏡推理5 ニュークリアフュージョン [ 松岡 圭祐 ]
価格:734円(税込、送料無料) (2017/2/26時点)




↓amazon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トミーズのあん食!

トミーズのあん食!

御影クラッセの阪急オアシスによあったら、トミーズのあん食が置いてあったので買っちゃった。
久しぶりで美味しい~(*´艸`*)
あんこズッシリ入ってます。
普段はスーパーで買う食パンなので、贅沢な朝食♪
トースト、ベーコンエッグ、ヨーグルト、フルーツティーが定番の朝食です。



トミーズ
http://www.tommys-kobe.com/





紅茶はこれ↓
マンゴー、ストロベリー、アップル、ピーチの4つのフレーバーのティーバッグがそれぞれ25個ずつ入っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまたマーマレード

またまたマーマレード
先月も作ったマーマレード。

前回は夏ミカンのみで作ったけど、さらにデコポンとキンカンをもらったので混ぜてマーマレードを作りました。

3種類ミックス。

夏ミカンは皮に傷が多かったので使わず、実だけ。デコポンは実と皮を使って、キンカンは種だけ除いて使いました。

前回より甘いけど、皮の苦味もちゃんとある仕上がりになりました。

結構味が違うのね~。

皮が好きじゃない旦那サマは前回のやつのがよかったみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月24日 (金)

ビーフカレーとか

ビーフカレーとか
鶏・大根・白菜のスープ煮、モヤシの卵とじ、冷奴、白菜漬け。



ビーフカレーとか
ビーフカレー、白菜漬け、味噌汁。
副菜を作るのをサボったので、ちょっとご飯多め。



ビーフカレーとか 
前日よりご飯をちょっと減らして、その代わりニラ玉をつけました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月21日 (火)

postcrossing(send#947~949) タイ、アメリカ、中国へ

ポスクロ送信947通目、タイへ。
170221poscro_send0947_jp9280021 170221poscro_send0947_jp9280022 
梅の花です。
postcrossing(sent) #947 : to Thailand
It's Ume blossom. Ume is the Japanese apricot.




948通目、アメリカへ。
170221poscro_send0948_jp9280321 170221poscro_send0948_jp9280322 
松江城天守閣です。
postcrossing(sent) #948 : to USA
This postcard shows Matsue Castle in Shimane prefecture.




949通目、中国へ。
170210poscro_send0949_jp9309311_2   
170221poscro_send0949_jp9309312
希望リストに料理のカードとあったので、飯島奈美さんのポストカードをチョイス。
切手も、寿司・天ぷら・すき焼きをチョイス。
postcrossing(sent) #949 : to China
I chose the recipe card.


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おいしい世界の台所 [ 飯島奈美 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/2/21時点)







POSTCROSSING
https://www.postcrossing.com/



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月20日 (月)

ポークソテーとか、鶏・大根・白菜のスープ煮とか

ポークソテーとか、鶏・大根・白菜のスープ煮とか
ポークソテー、ポテトサラダ、白菜漬け、ピクルス、味噌汁。



ポークソテーとか、鶏・大根・白菜のスープ煮とか
この日はお鍋。水炊きです。
たっぷりの大根おろしと食べるラー油を入れたポン酢につけて食べます。



ポークソテーとか、鶏・大根・白菜のスープ煮とか
鶏・大根・白菜のスープ煮、ジャガイモとえのきとシメジのバター醤油炒め、納豆、ご飯。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

「美術鑑定士・安斎洋人『鳥獣戯画』空白の絵巻」 中村啓 著

美術鑑定士・安斎洋人「鳥獣戯画」空白の絵巻」 中村啓 著

2017-10

鳥獣戯画をめぐるミステリーです。
鳥獣戯画の断簡が京都・松老寺から発見された。
その断簡は本物か偽物か?これを主題にして
天性の審美眼を持つ主人公・洋人が囚われている過去を交えながら話が進みます。
面白かったです。

そういえば、序盤で谷文晁や酒井抱一の名前が出てきて驚きました。
ちょっと名前が出ただけで、本筋にはまったく関係ないですけどね。
つい先日読んだ「料理通異聞」で初めて知ったばかりの名前が出てくるとは。





↓楽天ブックス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

美術鑑定士・安斎洋人「鳥獣戯画」空白の絵巻 [ 中村啓 ]
価格:680円(税込、送料無料) (2017/2/20時点)





↓amazon



| | コメント (0) | トラックバック (0)

postcrossing(receive#905~907) フィンランド、オーストラリア、ドイツから

ポスクロ受信905通目、フィンランドから。
170216poscro_receive0905_fi29049231 170216poscro_receive0905_fi29049232 
フィンランドではザリガニをよく食べるんですって。
海外では食材として普通のようですね。
日本だとあんまり聞かないですよね~。
そもそもザリガニっていうとアメリカザリガニをイメージして泥臭いイメージ。
postcrrosing(received) #905 : from Finland
The sender tell me crayfish is a popular food in Finland.





906通目、オーストラリアから。
170216poscro_receive0906_au5384531 170216poscro_receive0906_au5384532 
オーストラリア南西部にあるコテスロービーチのカード。
キレイなビーチですね。
postcrossing(received) #906 : from Australia
Cottesloe beach is located  in the southwest of Australia.
So beautiful!




907通目、ドイツから。
170216poscro_receive0907_de59258031 170216poscro_receive0907_de59258032 
postcrossing(received) #907 : from Germany







POSTCROSSING
https://www.postcrossing.com/



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

おでんの副菜に悩む

おでんの副菜に悩む
今シーズン初おでん。
おでんの時って副菜に悩みます。
おでん自体がご飯のおかずって感じじゃないのよね。
でも魚加工品だからさらに肉料理を作ったらバランスが悪い気がするし・・・。
この日はジャガイモとピーマンの味噌マヨ炒め。


おでんの副菜に悩む
おでん、ピクルス、大葉としらすの和え物、ご飯。



おでんの副菜に悩む 
ローストビーフ、ポテトサラダ、白菜漬け、ピクルス、カリフラワーのスープ、ご飯。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

柿の種チョコ

柿の種チョコ 

旦那サマが会社でバレンタインにチョコレートをもらってきました。
いまだに会社でチョコレート頂けるのねぇ。。。
最近は会社でのそういう風習はなくしていこうという流れかと思ってましたが。

旦那サマがもらったものですが、私もご相伴にあずかりました(*´艸`*)
柿の種にチョコレートがコーティングしてあります。
「とよす」っていうアラレのお店のです。美味しかったです。

ホワイトデーは何をお返ししましょうかねぇ。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マカロンはマカロン」 近藤史恵 著

図書館に予約していた本が立て続けに順番が回ってきて、ひーこら言いながら読んでます。
なかなかタイミングよく1冊ずつ回ってきてはくれないのよね。
賞を取った本とか、人気作家の本は予約が数十件、多ければ数百件入ってたりしてるので、とても予約を入れる時点ではいつ回ってくるかなんて読めないのよね。
予約が2~3件くらいならば見越して当座借りる本を調整してますが、時々数冊同時に順番が来ちゃったりして必死に読む羽目になります。



マカロンはマカロン」 近藤史恵 著

2017-9

ビストロ・パ・マルシリーズ第3弾。
前作から随分年月が経っているので、続きが出るとは思ってませんでした。
日常の謎系。
小さなフレンチ・ビストロで起きる謎を三船シェフが解決します。
料理がめちゃくちゃ美味しそうなのよね。
数時間であっという間に読んじゃいました。


↓楽天ブックス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タルト・タタンの夢 [ 近藤史恵 ]
価格:756円(税込、送料無料) (2017/2/17時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヴァン・ショーをあなたに [ 近藤史恵 ]
価格:756円(税込、送料無料) (2017/2/17時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マカロンはマカロン [ 近藤史恵 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/2/17時点)





↓amazon


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

「料理通異聞」 松井今朝子 著

料理通異聞」 松井今朝子 著

2017-8

元は八百屋だったという小さな店で、のちに寺町という場所柄、精進料理を扱う店となった。
そして、4代目栗山善四郎になったときに八百善を一躍有名な料亭になった。
彼の功績を記した一代記です。
当時の文人との繋がりと、彼の試行錯誤の努力が相まって、将軍の御成りを仰ぐまでに。
また、「江戸流行料理通」という料理本を出版しているのだが、その序文や挿絵に亀田鵬斎、谷文晁、葛飾北斎などが寄稿しているという(私は北斎しか知らなかったのだけど)。

八百善のHPにこの本の紹介もされていますし、小説に出てきた将軍の御成りの際に酒井抱一が鶴の絵とか、渡辺崋山が描いた「玉菊追善小集図」も紹介されています。



↓楽天ブックス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

料理通異聞 [ 松井今朝子 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/2/16時点)




↓amazon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月15日 (水)

postcrossing(send#942~946) オランダ、アイルランド、インドネシアへ

ポスクロ送信942通目、オランダへ。
170209poscro_send0942_jp9225741 170209poscro_send0942_jp9225742 
猫と鳥を飼っているという人へフクロウのカードに猫の切手を貼って送りました。
postcrossing(sent) #942 : to the Netherlands
I choose this postcard of Ural owls and the stamp of Scottish Fold.



943通目、台湾へ。
夕景の松山城のカードを送ったんですが、スキャンし忘れました。
postcrossing(sent) #943 : to Taiwan
I forgot scanning the postcard.



944通目、フィンランドへ。
Poscro_send0944_jp9226291 
童謡「ふじの山」の歌詞が入った富士山のカードです。
切手も富士山を選んだんですが、スキャンし忘れました。
postcrossing(sent) #944 : to Finland
It's Mt.Fuji!
I forgot scanning stamps (the back of the postcard).




945通目、アイルランドへ。
170209poscro_send0945_jp9279641 
170215poscro_send0945_jp9279642 
喜多川歌麿の浮世絵カード。
プロフィールに俳句をやっていると書いてあってびっくり。
何か有名な俳句を一つ書いて送ろうかと思って
松尾芭蕉の「古池や 蛙飛び込む 水の音」という有名な俳句を書いておきました。
postcrossing(sent) #945 : to Ireland
This is an Ukiyo-e art card drawn by Utamaro Kitagawa.
The receiver likes Haiku (a very short form of Japanese poetry).
So, I wrote the famous Haiku composed by Basho Matsuo on the postcard.
Old pond / Frogs jumped in / Sound of water





946通目、インドネシアへ。
170215poscro_send0946_jp9279891  170215poscro_send0946_jp9279892
プロフィールに何も書いてなくて、特にfavを付けているカードもなかったので、こちらで勝手にチョイス。
いわさきちひろさんのカードです。
切手は「雪中芦に鴨」(歌川広重)です。
postcrossing(sent) #946 : to Indonesia









POSTCROSSING
https://www.postcrossing.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バレンタインデーにチョコバナナマフィン

バレンタインデーにチョコバナナマフィン
ここ数年、バレンタインだからといって特別何もしてなかったんですけど、
めずらしく旦那サマがリクエストしてきたので久しぶりにマフィンを焼きました。
表面にはチョコもバナナも見えませんが、、
切ると中身はこんな↓感じです。

バレンタインデーにチョコバナナマフィン  

ふんわり美味しくできました♪





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

豚肉たっぷりニラ玉とか

豚肉たっぷりニラ玉とか
豚肉入りニラ玉、ブロッコリーのナムル、味噌汁、ご飯。
ブロッコリーがちょっと柔らかすぎたorz
茹ですぎたブロッコリーって美味しくない・・・。(◞‸◟)


豚肉たっぷりニラ玉とか
週末はお鍋が多いです。



豚肉たっぷりニラ玉とか 
2週間くらい前に作ったハンバーグ。半分冷凍してあったので、解凍して焼きました。
その他、ブロッコリーのスープ、ニラともやしの炒め物、冷奴、ご飯。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

手羽先の塩バター煮とか

手羽先の塩バター煮とか
小松菜と牛肉の炒め物、レンコンサラダ、ひじき煮、漬物、味噌汁、ご飯。



手羽先の塩バター煮とか
前日からメインが餃子に替わりました。



手羽先の塩バター煮とか 
手羽先の塩バター煮、ひじき煮、味噌汁、ご飯。



手羽先の塩バター煮とレンコンサラダはどちらも川津幸子さんの「100文字レシピ Returns」のもの。
もう本屋さんでは売ってないっぽい。
中古しか見つからなかったワ。↓


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月10日 (金)

「超現代語訳 戦国時代」 房野史典 著

超現代語訳 戦国時代」 房野史典 著

2017-7

まるでブログでも読んでいるかのようなラフな語り口で、気軽に読める歴史本です。
”超強ぇ~やつ”とか”www”とか書いてあります。
イマドキの若者風の言葉使いに変換して武将に会話させてみたりね。

内容は関ヶ原の戦いと、真田三代に絞って描いてあります。
面白かったです。だいぶおちゃらけてるけどね。(^^;
歴史に興味がない人には特に読みやすいと思います。

あとがきを読んだら、もともとFacebookに載せていたものを本にまとめたものらしいです。納得。




↓楽天ブックス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

超現代語訳戦国時代 [ 房野史典 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/2/10時点)




↓amazon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車で外出時のお昼ごはんなど

1月前半は手首の調子が悪くてほとんど自転車に乗ってなかったんですが、
後半からちょくちょく乗ってました。
が、とりたてて変わったところに行くでもなく、いつもの道なのでブログに載せるほどでもなく、しかも自転車で出かけてる時のお昼ごはんがファミレスとかファストフード系が多いもので、わざわざ載せるまでもないかって感じです。

170210photogrid_1486649225832 
まいどおおきに食堂、かつや、王将ってな具合です。
この他、一番多いのは丸亀製麺ですかねー。
セルフとかパッと料理が出てくるとかを重視してしまってます。


170210

これは新長田のインドカレーのお店「アールティ」にて。
この日はめずらしくファミレス系ではなかったですね。

関連ランキング:インド料理 | 新長田駅駒ケ林駅西代駅


自転車で外出時のお昼ごはん 
お昼ご飯ではないですが、サイクリング中の休憩に苦楽園の上島珈琲に初めて入りました。
ジャージークリーム大福と、鹿の子バタどら、美味しかったです。
ここのお店、とても広いです。
また利用したいと思います!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

生八つ橋は皮だけ派

生八つ橋は皮だけ派
京都土産の生八つ橋。

あんこ入りももちろん好きだし、人にお土産として渡すなら絶対あんこ入りにするのだけど、自分で買うなら皮だけの生八つ橋!

ベロンと板状の皮。1枚に2本切れ目が入ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 9日 (木)

グローブに穴

グローブに穴
2014年の12月に買ったグローブに穴が開きました。。。。
タッチパネル対応のものだったんですが、あんまり感度が良くなく(この商品が特別に悪いというわけじゃなく、私はどの対応手袋でも感度が悪いのです)小さいスタイラスペンを使ってたんです。
最近ペンを使わなくてもスマホが動くな~って思ってたら、どうやら薄くなってただけのようです。
穴が開いてから気づきました。
左右両方の人差し指のところ。orz

さすがに買い替えです。


グローブに穴
夏用に買ったグローブが良かったので冬用もパールイズミにしてみました。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

postcrossing(receive#902~904) アメリカ、ドイツ、タイから

ポスクロ受信902通目、アメリカから。
170209poscro_receive0902_us432682_2 170209poscro_receive0902_us43268202 
チョコレートのカードです。
消印が初日カバーなんですけど、ちょっと変。
一番右の切手がスタートレックのものなんですが、発行は消印の通り2016年の9月2日なんですよね。
でも、送ってくれた人の"sent"の日付は11月。
封筒に入って届いたわけではないのよ。謎っ。
postcrossing(received) #902 : from USA
It's the sweet card. (^^)
The rightmost stamp is a piece of the 50th anniversary  "Star Trek"  stamps.
It's  the first day of issue.
According to the date stamp, the issue date was Sep 2, 2016.
But it was Nov 2 when  the sender got my address .
What a wonder!





903通目、ドイツから。
170209poscro_receive0903_de59231911 170209poscro_receive0903_de59231912 
ノイシュバンシュタイン城のカードです。シンデレラ城のモデルになったお城ですね。
ドイツからのカードにはたまに押してある絵付きの消印(ドイツの風景印と思っていいんだろうか?)が押してあります。普通の消印の横に押してあるんですよね。
送ってくれたのはブレーメンの人。絵柄にブレーメンの音楽隊の動物が描かれてますね!
postcrossing(received) #903 : from Germany
It's Neuschwanstein Castle.
This card was sent from Bremen.
Animals of "Town Musicians of Bremen" is designed on the pictorial date stamp.






904通目、タイから。
170209poscro_receive0904_th2467861 170209poscro_receive0904_th2467862 
なんか雲海みたいですねー。英語併記でなかったのでどこの写真か分かりませんが、幻想的です。
切手?郵便証紙?には象の絵が入ってます♪
postcrossing(received) #904 : from Thailand
It's the fantastic scenery.
But I don't know the place because there is no English explain.
I can't read Thai language. (><)











POSTCROSSING
https://www.postcrossing.com/


                   

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レンコンの天ぷらとか

レンコンの天ぷらとか
ローストビーフ、豚汁、漬物、ご飯。

この日は所用で京都に行ったので、お漬物はお土産です。
紫色をしてますが、自然の色です。

レンコンの天ぷらとか
川勝總本家の割大根しそ漬です。
しょっぱくなくてあっさりボリボリ食べられる浅漬けです。試食して気に入ったので。





レンコンの天ぷらとか
白菜とホタテのクリームスープ、ししゃも、レンコンの天ぷら、漬物、ご飯。

スープは「きのう何食べた?」10巻#78に出てきた料理です。
気にってるので何度もリピしてます。



レンコンの天ぷらとか 
レンコンサラダ、ポークソテー、冷奴、白菜とホタテのクリームスープ、ご飯。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

「お金の流れで見る戦国時代」 大村大次郎 著

お金の流れで見る戦国時代」 大村大次郎 著

2017-6

作者の方は元国税調査官だそうで、その視線で見る戦国時代ということですね。
前半は主に織田信長と武田信玄を例に出して比較説明。
よく武田信玄がもう少し長生きしていたら、信長は天下に手をかけていたかどうか、と言われるが経済面からみるとそれはあり得ない!というのが作者の意見。
甲斐の国は豊饒な土地ではない上に天災も多く、ジリ貧の経済状況。増税増税で領民を締め付けていたらしい。
そして、なんといっても海がなく、周りを山に囲まれ、物流を止められたらもう終わりだもんね。
信長はもともと経済力があったのが大きかったというアドバンテージがあるものの、優れた経営手腕を発揮して領民に優しい政治で(武士には厳しいが)好かれていたでしょうね。信玄とは真逆です。
どちらかというと、信長が甲斐に生まれていたらどんな経済政策をとったかの方に興味があります。

後半は寺社勢力についてとか、その他の有力な大名の経済戦略について。
中でも家康については”ケチ”とか”火事場泥棒的”とか、なかなか厳しい意見ですね(それが悪いと書いてあるわけではないのですけど)・・・家康さんのこと嫌いなのかな、作者さん(^-^;

お金がなければ戦もできないわけで、普段読む歴史小説では描かれない面が分かってきてとても面白かったです。



↓楽天ブックス




↓amazon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 5日 (日)

具だくさん豚汁!

具だくさん豚汁!
グリーンカレー3日目です。もうカボチャがだいぶ溶けてイエローカレーみたいになってます。
その他、白菜漬け、お味噌汁。


具だくさん豚汁!
ナスとしし唐と牛肉の炒め物、具だくさん豚汁、ご飯。
豚汁は”おかず”としてカウントです。
小どんぶりにたっぷりよそって。
具は豚肉・大根・人参・レンコン・カボチャ・しめじ・えのき・白菜・豆腐。
半端に余ってた野菜を入れました。



具だくさん豚汁! 
鯖のみりん干し、とろろワカメ、豚汁、納豆、ご飯。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 2日 (木)

グリーンカレーとか☆

グリーンカレーとか☆
お好み焼き、白菜漬け、味噌汁。



グリーンカレーとか☆
久しぶりにグリーンカレーを作りました。
以前買っておいたグリーンカレーペーストが賞味期限がちょっと切れちゃいまして、慌てて使った次第。
乾物とか期限が長いものの方が却ってうっかりしちゃうのよねー。気を付けないと。
しらすと大葉の和え物は以前テレビで紹介されていたのが美味しそうで作ってみました。
ただ、ご飯のお供系なんだよね。なぜグリーンカレーの日に作ったのか。。。
しらすを買ったのにすっかり忘れてて消費期限が迫っていたのでね。
日々、そんな感じで賞味期限に追われてご飯を作っています。


↑いつもこのペーストを使ってます。



グリーンカレーとか☆ 
この日はしらすとネギ入りの出汁巻き玉子を副菜にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「くせものの譜」 簑輪諒 著

くせものの譜」 簑輪諒 著

2017-5


歴史小説ではめずらしい連作短編集?というか群像劇に近い印象ですね。
(時代小説ではよくあるとは思うんですが)
御宿勘兵衛という武将を通して
依田信蕃、佐々成政、久世但馬、野本右近、伊達与兵衛、本多富正、今村掃部などを描く。
すべて実在だけども、私の知ってる名前は佐々成政だけでした。
ここ数年歴史小説をいくつも読んでいるけども、他の人はまったく聞いたことがなく、結構マイナー?(たぶん、きっと)

いや~よかった!ここ最近読んだ中でダントツ面白かったな~。

御宿勘兵衛は、生まれた時から武田家の家臣だったため、
武田家のために戦をするのが当たり前だった。
武田家が滅亡した時すでに戦上手であったが、まだ十代の若者で、
同じく武田家臣だった依田信蕃に突き放されることで自我を目覚めされられたとでも言おうか、自分が仕えたいと思う主君を求めて戦いながら転々と主を換えていくことになる。
大河ドラマ「真田丸」ですっかり人気になった真田昌幸も少しだけど出てきますヨ。
転々としているうちに勘兵衛は「御宿が仕えた家はみな滅びる」と”疫神”と呼ばれるようになっていた。
そんな中、やっと出会った理想の主君が結城秀康だったが、若くして病死してしまい、お家騒動が起こる。
またも勘兵衛の理想とは離れていく。
敵対した側の心情も描かれていてこれが切ないというかやるせない。
ようやく自分が英雄になるしかない、理想を取り戻すと越前を出奔し
豊臣方として戦うため大阪城へ向かうが、しかしここで天賦の才を持つ英雄・真田幸村会ってしまった。
勘兵衛の感じた絶望は計りきれない。
最後、旧知の越前衆に突入していくシーンは泣ける。
名馬”荒波”を使った心憎い演出もよかった。


巻末の参考史料の数の多いこと多いこと。
こんな無名の人たちのエピソードをこれだけ盛り込んで書くなんてよっぽど大変なんじゃないかしらん?
それぞれの人柄・個性がちゃんと光ってるし、最後は勘兵衛の気持ちが痛いほど伝わるし・・・よかったわ~。
この作家さんの本は他に「うつろ屋軍師」、「殿さま狸」の2冊があるようなので、絶対読んでみようと思います。






↓楽天ブックス



↓amazon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 1日 (水)

ほうれん草とジャガイモのグラタンとか

ほうれん草とジャガイモのグラタンとか
ほうれん草とジャガイモのグラタン、大根とホタテのサラダ、味噌汁。



ほうれん草とジャガイモのグラタンとか
ほうれん草とジャガイモのグラタン、サバ缶のトマト煮込み、ご飯、味噌汁。



ほうれん草とジャガイモのグラタンとか 
お鍋。鍋つゆはマルサン×まつやの とり野菜みそごまみそ鍋スープです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »