« postcrossing(receive#905~907) フィンランド、オーストラリア、ドイツから | トップページ | ポークソテーとか、鶏・大根・白菜のスープ煮とか »

2017年2月20日 (月)

「美術鑑定士・安斎洋人『鳥獣戯画』空白の絵巻」 中村啓 著

美術鑑定士・安斎洋人「鳥獣戯画」空白の絵巻」 中村啓 著

2017-10

鳥獣戯画をめぐるミステリーです。
鳥獣戯画の断簡が京都・松老寺から発見された。
その断簡は本物か偽物か?これを主題にして
天性の審美眼を持つ主人公・洋人が囚われている過去を交えながら話が進みます。
面白かったです。

そういえば、序盤で谷文晁や酒井抱一の名前が出てきて驚きました。
ちょっと名前が出ただけで、本筋にはまったく関係ないですけどね。
つい先日読んだ「料理通異聞」で初めて知ったばかりの名前が出てくるとは。





↓楽天ブックス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

美術鑑定士・安斎洋人「鳥獣戯画」空白の絵巻 [ 中村啓 ]
価格:680円(税込、送料無料) (2017/2/20時点)





↓amazon



|

« postcrossing(receive#905~907) フィンランド、オーストラリア、ドイツから | トップページ | ポークソテーとか、鶏・大根・白菜のスープ煮とか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104895/69668863

この記事へのトラックバック一覧です: 「美術鑑定士・安斎洋人『鳥獣戯画』空白の絵巻」 中村啓 著:

« postcrossing(receive#905~907) フィンランド、オーストラリア、ドイツから | トップページ | ポークソテーとか、鶏・大根・白菜のスープ煮とか »