書籍・雑誌

2017年5月 8日 (月)

「群青のとき」 今井絵美子 著

群青のとき」 今井絵美子 著

2017-20

幕末の老中首座、阿部正弘が主人公の話。

少し前に大好きなコミック、よしながふみ著「大奥」の14巻を読んだんです。
1巻からずっと読んでます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大奥 14 (ヤングアニマルコミックス) [ よしながふみ ]
価格:723円(税込、送料無料) (2017/5/8時点)


女性である8代将軍吉宗が、『没日録』を読み、昔は男女の数はほぼ一緒でなぜ男性が圧倒的に減ったのかを振り返るところから始まる。それは3代将軍家光のころ、赤面疱瘡という若い男がかかる伝染病が大流行し、男性であった家光も亡くなってしまう。そこが男女逆転の大奥の始まり。
まだまだ女性社会が続く吉宗の御世、赤面疱瘡対策を考え始めた。
その頃から登場するのが平賀源内(♀)とか。彼らは今でいう予防接種を考えついた。
ここでいよいよ豊千代(♂、のちの家斉)登場。
キターーー!!上田秀人さんの“奥右筆”シリーズのおかげで結構家斉のこと好きなのよね。
どうやって話を収束させるかと思ってましたがなるほどウマイって感じです。
男社会に戻っていた幕末、老中として出てきたのが阿部正弘。
これで興味を持ったので、阿部正弘を描いた小説を探してみたら「群青のとき」に当たったわけです。
長い前ふりになりました。笑
坂本龍馬とか新選組とかを描いた話はあんまり興味を持てなくてほとんど読んでないんです。
ただ、その頃の幕府側の人の方が興味があったんですね。
老中の立場からすると、ホント徳川斉昭が困ったヤツ。
強硬に攘夷論を押し通し、聞く耳を持たない。
先日、朝井まかて著「恋歌」は幕末の水戸藩士に嫁いだ中島歌子の生涯を描いた作品を読んだ時もそう思ったのよね。
阿部正弘は代々老中を務めていた家格に生まれ、25歳で老中になったいわばエリート。
でも、幕末の動乱期にもかかわらず、まとまろうとしない斉昭や島津斉彬(斉昭と斉彬、ややこしい!)らを相手にしながら相当な難しい仕事だったのではと思うわけです。39才という若さで亡くなってます。


↓楽天ブックス


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

群青のとき (角川文庫) [ 今井 絵美子 ]
価格:691円(税込、送料無料) (2017/5/8時点)




↓amazon



| | コメント (0)

2017年4月21日 (金)

「伴連れ」 安東能明 著

伴連れ」 安東能明 著

2017-19

柴崎令司シリーズ第3弾です。
高野朋美巡査が警察手帳を摺られた。だが、本人に危機感がなく、イマドキの若い子で警察官としての自覚がまるで足りない。
今回は全編を通して高野の成長がテーマかな。
主人公の柴崎は相変わらず”なんで俺が・・・”とか独りごちてるけど、結構お人よしだと思う。笑
警務ながら捜査に借り出され実績を上げているし、女性署長や若手女性警官をうまく手綱を操り・・・そのうち総務部じゃなくて刑事部の方で警視庁に呼ばれるんじゃないか?笑 ←まったく当てずっぽう

「摺られた刑事」、「墜ちた者」、「Mの行方」、「脈の制動」、「伴連れ」の5編収録。

次は「広域指定 」がすでに出ています。


↓楽天ブックス



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

伴連れ [ 安東能明 ]
価格:766円(税込、送料無料) (2017/4/21時点)




↓amazon



| | コメント (0)

2017年4月20日 (木)

「あきない世傳金と銀3 源流篇」 高田郁 著

あきない世傳金と銀3 源流篇」 高田郁 著

2017-18

4代目徳兵衛が亡くなり、5代目を継ぐ惣次に嫁ぐことになった幸。
惣次とともに知恵を絞り傾いた五鈴屋を立て直しを始めるが・・・。

このシリーズは結構展開が早いですねー。
次の4作目はいつ出るのかな~。



↓楽天ブックス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あきない世傳金と銀(源流篇) [ 高田郁 ]
価格:626円(税込、送料無料) (2017/4/20時点)





↓amazon

| | コメント (0)

2017年4月14日 (金)

「がん消滅の罠 完全寛解の謎」 岩木一麻 著

がん消滅の罠 完全寛解の謎」 岩木一麻 著

2017-17

「このミステリーがすごい!大賞」の大賞受賞作です。

日本がんセンターに勤める医師の夏目の患者が立て続けに生命保険の保険金が下りた。
保険加入からすぐ病気なるというケースは不正が疑われる。
生命保険会社に勤める夏目の友人・森川が調べてみるも特に不審な点は見つけられない。
さらに驚愕なのはその患者たちがその後がんがきれいに消えて生存しているということ。
しかし、確かにがんはあったはず。


とても面白かったですね。
ただ自分は医者じゃないので現在の医療技術でここまでできるのかは判断できませんけどね。





↓楽天ブックス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

がん消滅の罠 [ 岩木一麻 ]
価格:1490円(税込、送料無料) (2017/4/14時点)





↓amazon

| | コメント (0)

2017年4月 4日 (火)

「水鏡推理Ⅵ クロノスタシス」 松岡圭祐 著

水鏡推理6 クロノスタシス」 松岡圭祐 著

2017-16

人気シリーズ第6弾です。
ホント、筆が早い。読者としてはうれしい限りです。

ふと時計を見て、一瞬秒針が止まってる?と思ったことはありませんか?
この現象のことをクロノスタシス(の一例)というそうです。詳しくはググってくださいね。

今回は過労死バイオマーカー研究について評価をします。
計測したストレス具合を数値化したPDG値を見て、過労死の危険を検知するというものです。
瑞希は最近自殺したという財務省の若い官僚の自殺について過労死との関連を調べ始める。

読みごたえもあって、とても面白かった。
今回省庁の中の話ですが、某商社の過労死事件を彷彿とさせる文章がサラッと入っていたりして。
最後までグイグイ読み手を引っ張っていって、しかも”やられた!”って思う。
思わず最初の方を読み返しましたヨ。



↓楽天ブックス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

水鏡推理6 クロノスタシス [ 松岡 圭祐 ]
価格:734円(税込、送料無料) (2017/4/4時点)




↓amazon

| | コメント (0)

2017年3月30日 (木)

「治部の礎」 吉川永青 著

治部の礎」 吉川永青 著

2017-15

石田三成が主人公の歴史小説です。
備中高松城の戦いの最中から物語が始まります。

三成の人柄というと普通あんまりいい風には書かれないですよねー。
槍働きをしてこそなんぼ、という武闘派の武将からは嫌われがちですし。
でも三成が主人公のわけだから、視点も変わって魅力的な感じに描かれてるかな~と思いきや、今一つかな。。。
確かに信念を持って動いているのだけど、どうも伝わらない・・・。
私利私欲ではない、豊臣への義でもない、というのは分かるんだけど。
戦の計画も机上の空論とまでは言わないが、どうもすべってる感が。。。
共感できないでいるので、どうも読書スピードが上がらなくて時間がかかりました。



↓楽天ブックス


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

治部の礎 [ 吉川永青 ]
価格:1998円(税込、送料無料) (2017/3/30時点)



↓amazon

| | コメント (0)

2017年3月14日 (火)

「恋歌」 朝井まかて 著

恋歌」 朝井まかて 著

2017-14

幕末から明治の歌人・中島歌子の半生を描いた作品です。
ただ、本人の作品はここには出てこず、
メインは水戸藩士に嫁ぎ、短く激動の生活が描かれています。
歌人の半生ということだったので、もう少し文筆に関わるストーリーかと勝手に思ってましたが、幕末の水戸藩のがどんなだったかを思い知らされました。
幕末はまったく疎いので、桜田門外の変って、ああ、そうか、井伊直弼を襲ったのは水戸藩士だっけ、というくらいの知識でした。
なので、尊王攘夷の気質が高まるその後の水戸藩の内紛なんて知る由もなく、初めての話でした。
遡れば水戸黄門こと徳川光圀の「大日本史」編纂は財政を逼迫し、尊王攘夷の思想を高めたきっかけになったわけで、黄門様は人気だけど、その後のことを考えると良かったのか悪かったのか・・・。
恋い焦がれて嫁いだのに天狗党の志士であった夫とはわずか数年の結婚生活。
しかも夫は江戸にいた時期もあり本当に短い。
天狗党と諸生党との戦いも複雑で結局なんで戦ってるのかって感じだし、悲惨すぎる。




↓楽天ブックス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

恋歌 [ 朝井まかて ]
価格:777円(税込、送料無料) (2017/3/14時点)




↓amazon

| | コメント (0)

2017年3月10日 (金)

「いまさら翼といわれても」 米澤穂信 著

いまさら翼といわれても」 米澤穂信 著

2017-13

めちゃくちゃ久しぶりの古典部シリーズ新刊です!!!
・・・前回の内容を覚えてなーーい!笑
日常の謎系なだけにどんな謎だったか、はて。

今回は摩耶花の所属する漫研内での争いとか、奉太郎が省エネ主義になった理由とか、中学の卒業制作の話が出てきます。





↓楽天ブックス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いまさら翼といわれても [ 米澤 穂信 ]
価格:1598円(税込、送料無料) (2017/3/10時点)



↓amazon

| | コメント (0)

2017年3月 1日 (水)

「書楼弔堂 炎昼」 京極夏彦 著

書楼弔堂 炎昼」 京極夏彦 著

2017-12

シリーズ第2弾です。
明治30年代、見た目からはとても本屋とは思えない灯台のような建物、だけども知らなければ通り過ぎてしまう、それが弔堂。
その本屋を探していた2人組に話しかけられた一人の若い女性。塔子という。
2人組は田山と松岡という。
私はこの時代の作家にまったくもって疎いので初めはさっぱり誰だか分らなかったです。
田山・・・だけは聞き覚えがありましたけども。
この女性と松岡がすべての章を通して登場します。
他にも有名な人が登場します。
京極夏彦作品はこのシリーズしか読んでないけど、独特な世界観だな~。
塔子という女性、最後の最後で名字が出てきますが、
私にはわからずじまい。誰っ?ググっても分からなかった~。




↓楽天ブックス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

書楼弔堂 炎昼 [ 京極 夏彦 ]
価格:2052円(税込、送料無料) (2017/3/1時点)




↓amazon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月26日 (日)

「水鏡推理5 ニュークリアフュージョン」 松岡圭祐 著

水鏡推理5 ニュークリアフュージョン」 松岡圭祐 著

2017-11

瑞希は”研究における不正行為・研究費の不正使用に関するタスクフォース”から
”研究公正推進室”へと異動となった。
一応栄転と言ってもいいだろう。
そんな折、見知らぬ番号からメッセージが届いた。
会いに行ってみるとキョウカという女性が自分は”不妊バクテリア”に感染しているという。
助けてほしいと懇願されるが、病衣から脱走してきたらしく、看護師らに連れ戻されていった。
今回は新しい部署で女性官僚と核融合研究の検証に取り組む。
ニュークリアフュージョンが核融合という意味です。
綴りは nuclear fusion です。
SOTAというスーパーコンピュータを使った技術検証システムが鍵。

核融合に関しては瑞希以上にちんぷんかんぷんなのでサクッと流しますが、今回もとても面白かったですねー。
裏切りに合い、人間不信になっていく瑞希。誰を信じたらいいのか。

ちなみに第6弾(水鏡推理6 クロノスタシス)ももう発売されています。





↓楽天ブックス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

水鏡推理5 ニュークリアフュージョン [ 松岡 圭祐 ]
価格:734円(税込、送料無料) (2017/2/26時点)




↓amazon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

postcrossing おうちdeごはん&スイーツ おうちdeごはん&スイーツ2008 おうちdeごはん&スイーツ2009 おうちdeごはん&スイーツ2010 おうちdeごはん&スイーツ2011 おうちdeごはん&スイーツ2012 おうちdeごはん&スイーツ2013 おうちdeごはん&スイーツ2014 おうちdeごはん&スイーツ2015 おうちdeごはん&スイーツ2016 おうちdeごはん&スイーツ2017 おすすめサイト おそとdeごはん&スイーツ おそとdeごはん&スイーツ2008 おそとdeごはん&スイーツ2009 おそとdeごはん&スイーツ2010 おそとdeごはん&スイーツ2011 おそとdeごはん&スイーツ2012 おそとdeごはん&スイーツ2013 おそとdeごはん&スイーツ2014 おそとdeごはん&スイーツ2015 おそとdeごはん&スイーツ2016 おそとdeごはん&スイーツ2017 その他グルメ その他グルメ2008 その他グルメ2009 その他グルメ2010 その他グルメ2011 その他グルメ2012 その他グルメ2013 その他グルメ2014 その他グルメ2015 その他グルメ2016 その他グルメ2017 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング ゲーム コストコ購入品メモ スポーツ ニュース パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ 住まい・インテリア 名古屋文化 学問・資格 御朱印 懸賞 携帯・デジカメ 文化・芸術 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 美容・コスメ 趣味 音楽 Edy